アルピーヌF1、カストロールとの100戦目を記念したスペシャルリバリー / F1サウジアラビアGP
アルピーヌF1は、F1サウジアラビアGPでルノー・グループとカストロールの100戦目を迎える。

F1サウジアラビアGPに出走する2台のアルピーヌF1のA521のリアエンドにはカストロールのトリコロールがデザインされ、エンジンカバーに100 RACE WITH RENAULT”、リアウイングのエンドプレートには“Renault recommends Castrol”のロゴが掲載される。

カストロールは、ルノー・グループがF1に復帰した後、2017年からチームの公式潤滑油サプライヤーを務めている。カストロールは、ほぼ5シーズンにわたって、効率とパフォーマンスの向上に役立つ潤滑油を提供することにより、アピーヌF1チームのトラック活動をサポートしてきた。

bpとカストロールは、2017年以来、エンストーンとヴィリー・シャティヨンにあるチームのテクニカルセンターに燃料とエンジンオイル、ギアおよび油圧オイル、グリースとブレーキフルードなどさまざまなハイパフォーマンスの工業用潤滑油を提供してきた。

オフトラックでもルノー・グループは、アフターセールスのグローバルサービスフィルエンジンオイル潤滑油パートナーとしてカストロールを選択し、共同ブランドのRenault-Castrol製品をグローバルに供給し、ルノーの顧客とディーラーがテクノロジーの恩恵を提供してきた。

両社はまた、急速に進化するモビリティ市場での関係を拡大するための将来の機会を模索するために協力している。

ASラムチャンダー (カストロール グローバルマーケティング副社長)
「オフィシャルパートナーとして、我々は単なるマシンのバッジではない。ルノー・グループのビジョンは、アルピーヌがF1で最高のチームになることであり、それは我々がカストロールで共有するビジョンだ。このマイルストーンをルノー・グループと一緒に祝うことを嬉しく思う。そして、今週末のレースでのチームの幸運を祈っている」

ハカン・ドグ(ルノー・グループ アフターセールス担当シニアバイスプレジデント)
「今週末は、最先端技術を備えた2つの主要ブランドであるルノー・グループとカストロールにとって重要なマイルストーンだ。100グランプリは単なる数字ではなく、パートナーシップの成熟度を表しており、F1とオフトラックの両方で技術的な限界を限界まで押し上げることができる。レースでのフェルナンドとエステバンの活躍を祈っている!」

ローラン・ロッシ(アルピーヌCEO)
「カストロールとbpは、100レースを迎える非常に重要で忠実なパートナーだ。我々は、チームとしての旅に大きな影響を与えたテクノロジーとパフォーマンスの重要なステップに貢献したパートナーシップを誇りに思っている。我々は一緒に最初の表彰台を獲得し、勝利し、革新、ビジョン、そして、さらなる成功を含む明るい未来を楽しみにしている。オフトラックでは、このイノベーションのメリットを現在および将来の多くのロードカーユーザーに還元できることを誇りに思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー / F1スポンサー / F1サウジアラビアGP