アラン・プロスト 「F1にリバースグリッドが導入されるなら視聴をやめる」
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、F1がリバースグリッドを導入するようであれば、自分ならF1を視聴するのをやめるだろうと語る。

F1はレース週末を盛り上げるための施策を検討しており、今年はスプリント予選のトライアルが行われ、3回のうち2回がすでに終了している。

アラン・プロストは、スプリント予選のフォーマットを試すというF1の決定を支持しているが、2022年にリバースグリッドが導入される可能性については強く反対している。

「可能ならば物事をテストするということには私は非常に満足している」とアラン・プロストはアルピーヌのウェブサイトに語った。

「しかし、なぜそのような決定をしたいのか、その理由を理解する必要がある」

「F1は、ある種の伝統を維持する必要がある。テクノロジーと自動車スポーツの頂点という意味でね。我々は、最高のチームが勝たなければならないことを理解する必要がある。なぜなら、それがベストということであり、F1のスピリットと目的であるからだ」

「たとえば、リバースグリッドはそれが嫌いだ。私はそれが嫌いだ。もし、彼らがF1にリバースグリッドを導入するなら、私ならF1をやめるだろう。F1のアイデアとして考えられる最悪のことだと思うからね。そんなことをするくらいなら、1つのチームが支配した方がいい。彼らは最高の仕事をしているんだからね。だが、私はオープンだ。そして、私はとても伝統主義者だ」

51回のグランプリウィナーであるアラン・プロストは、ウィナーに付与されるポイント数を増やすなど、F1への過去の変更を受け入れてきたと語る。

「過去と比較するのが非常に難しくなるので、あまり満足ではなかった」

「だが、一方で、82年には全員が1年でフィニッシュできるのは5レースくらいで、信頼性が非常に悪かったことを覚えている。今、我々は素晴らしい信頼性を持っている。したがって、ポイントを獲得する最初の6台の車しかない場合、一部のチームがポイントを獲得できない可能性があるため、ある意味で調整する必要がある」

一方、フェラーリは、リバースグリッドレースの導入を最も強く求めているチームの1つだ。チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、スプリント予選フォーマットのトライアルを全体的に「ポジティブな実験」だとし、改善の余地があると説明する

「1週間全体のビューを見ると、1日ではなく、週末という点では、金曜日にすでに何らかのアクションが行われているのは全体的にポジティブだと思う。したがって、全体としてはポジティブに判断すべきだと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「どうすればそれを改善できるか? リバースグリッドのようなアイデアがある。そうでない場合、それはF1とFIAおよび他のチームプリンシパルとのF1委員会を通じて他の議論やアイデアを出してしかなければならない問題の1つだ。だから、私は完全にオープンマインドだ」

「我々に必要なのは、素直に考えることだと思う。これまでのところ全体的にポジティブな実験であり、まだ改善できる。私が提案したものと比較して、もっと良いアイデアが出てくるかどうか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ