アルピーヌF1 「2022年にエンジンデータ不足の影響が出る可能性がある」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、ルノーの単独エンジンカスターとしてのチームのステータスが、2022年ののF1パワーユニットの最適化に影響を与える可能性があるとkたる。

エンジンメーカーは、2022年に新しいF1エンジンを導入することを許可されているが、それ以降は信頼性の問題を除いて開発は許可されず、2025年に予定されている次世代F1パワーユニットの導入まで開発が凍結される。

メルセデス、フェラーリ、ホンダは2022年も引き続き複数のチームに供給するが、ルノーはエンジンデータをアルピーヌのみに依存するため、シーズン中に収集する情報はライバルよりも大幅に少ない。

マルチン・ブコウスキーは、F1の新しいレギュレーションに対応するまったく新しいマシンの設計とともに新しいエンジンの導入は、利点を提示するが、潜在的な欠点もあると主張する。

「我々の場合、新しいエンジンは有益だが、一般的にそれはすべての自動車システムに当てはまると思う」とマルチン・ブコウスキーは The Race に語った。

「懸念されるのは、新しいエンジンを搭載し、エンジンが凍結することだ。信頼性の理由で変更を加える権利があるため、信頼性に大きな問題が発生した場合はそれを修正することができるがね」

マルチン・ブコウスキーは、2022年シーズンの初めにすべてを正しく行うことの重要性を強調。2022年の延長されたプレシーズンテストが、重要な“リスク軽減”期間になると見なしている。

「明らかに、エンジンの凍結は何かを進化させることをより困難にします」とマルチン・ブコウスキーは付け加えた。

「そのため、シーズンの初めから適切なパッケージを提供して、冬の間できるだけリスクを軽減できるようにすることに重点を置いている」

「そのためにダイナモ(エンジンパワー測定器)がある。広範囲にわたるテストを行うことができる。しかし、マシンにエンジンをボルトで固定してトラックを走行することに代わるものはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー