シリル・アビテブールは新体制のアルピーヌF1には不要だった?
F1チーム代表を務めていたシリル・アビテブールの解雇の理由について、ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは“変化が必要だった”と語るにとどめた。

2021年のF1世界選手権に先立ってアルピーヌへとブランド名を変更したルノーは、1月にマネージングディレクターのシリル・アビテブールが会社を退職したことを発表。

だが、シリル・アビテブールの退職について詳しい説明はなく、“温かい感謝”とローラン・ロッシがアルピーヌのCEOに就任し、市販車部門のアルピーヌ・カーズ、スポーツとF1を含めた競技活動を担当することが発表されただけだった。

発表から3か月経ったが、シリル・アビテブールがメディアに登場することはなく、ルノーF1離脱についての公式な言葉はまだない。

一部でルノーF1チームのパフォーマンスが悪かったため、シリル・アビテブールはツ移動されたと噂されたため、ルカ・デメオは火消しに動いた。

ルカ・デメオは、新たにアルピーヌF1として始動するにあたり、チームには変化が必要だったと RTL に語った。

「この質問は少し複雑だ」とルカ・デメオは語った。

「我々にとって、この新しいストーリーにはそれは困難だっただろう」とシリル・アビテブールの下での以前のリーダーシップ構造に言及した。

「彼らはルノーからのサポートを必要としており、それを手に入れたが、彼らの快適ゾーンの外に出なければならなかった」

「現在、アルピーヌはルノー・グループの主流戦略に完全に統合されている。アルピーヌはルネッサンスの4本の柱の1つだ」

「したがって、小さく機敏なユニットの一部であると同時に、大きなユニットにも接続している人々が必要だ」

「私が7月にルノーに来たとき、彼が戦略を担当していたので、我々は一緒にルネッサンス計画を練った」

シリル・アビテブールは、ルノーのために良い仕事をしたとルカ・デメオは語る。

「2016年か2017年に始まり、いくつかの表彰台で別れを告げた。しかし、我々は先を見据えなければならない。良いスタートだったが、今は新しい章が始まっている」

シリル・アビテブールの離脱から数日後、アルピーヌF1は元スズキMotoGPのダダビデ・ブリビオのレーシングディレクターに就任したことを発表した。

「我々はそれほど多くのことを変えてはいない。我々は新しいセットアップを見つけようとしていた」とルカ・デメオは語った。

「我々はよりフラットでより直接的なセットアップを必要としていました」。

ルカ・デメオは、ローラン・ロッシはアルピーヌを前進させるのにふさわしい人物だと信頼を寄せる。

「彼はエンジンエンジニアだ。彼は非常に情熱的だ。彼はメカニックと仕事をするのが好きだ」とルカ・デメオは語る。

「アルピーヌのストーリーは、単なるレーシングストーリーではなく、ビジネスストーリーでもあることが非常に重要だ」

「我々には、わずかに異なる視点から物事を見ることができる適切な姿勢の適切な人材がいる」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー