アルファタウリF1代表、レッドブルとフォードの提携発表の噂を否定
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、レッドブルがフォードとの提携を発表する準備をしているとの憶測を否定した。

レッドブル・レーシングとフランツ・トストが運営する姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリが2月上旬にニューヨークで発表会を開催することは、アメリカの自動車メーカーであるフォードとの契約が成立するサインだと考える者もいる。

「そこ(ニューヨーク)でファッションウィークが行われる」とフランツ・トストは Sport1 に語った。

「それが我々がそこに行く理由だ」

実際、『アルファタウリ』はエナジー ドリンク会社であるレッドブルのファッションブランドでもある。

フランツ・トストは、自分が率いるスクーデリア・アルファタウリが、今年は2022年よりも良いシーズンを送ることを決意していると語った。そのために、67歳の誕生日にも出勤したという。

「いつものように、私は 7 時にオフィスにいて、暗くなってから帰宅した」とフランツ・トストは明かした。

また、フランツ・トストは、ドイツがF1界から著しく脱落し、今年はレースさえも無料放送で見ることができないという現状を伝える報道について尋ねられた。

「人々はヒーローを必要としている」とフランツ・トストは語った。

実際、F1復帰したニコ・ヒュルケンベルグは、2023年のF1グリッドで唯一のドイツ人ドライバーであり、新人のスター、ミック・シューマッハがレースシートを失った。

「これまでは、ミハエル・シューマッハの勝利を見たいと思っていた。エンジンやメルセデスの車ではなかった」とフランツ・トストは語った。

「ボリス・ベッカーもその一人で、それまではテニスに興味を持つのは富裕層だけだった」

「ボリスとシュテフィ・グラフの成功で、それが一変しました。突然、すべての子供たちがテニスをしたいと思うようになった」

したがって、23歳のミック・シューマッハがメルセデスF1の新しいリザーブドライバーの役割をレーシングシートへの復帰に変えることが不可欠だとフランツ・トストは語る。

「一般人から注目されるのは、常にフォーカスが当たっているときだけだ。それができるのはドライバーとしてだけだ」とフランツ・トストは語った。

「だからこそ、ミックができるだけ早くグリッドに戻ることが重要だ。不可能ではないが、簡単なことでもないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル