アルファタウリF1 「角田裕毅の走りは良かったので悔やまれる結果」 / ベルギーグランプリ 決勝
スクーデリア・アルファタウリのF1テクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を振り返った。

F1参戦100戦目を迎えたピエール・ガスリーは、スタート前にグリッド上で問題が発生してピットレーンスタートとなったにもかかわらず、9位入賞を果たした。一方、同じくピットレーンからスタートした角田裕毅はDRSトレインを抜け出すことができず、13位でレースを終えた。

「今日のレースは色々な出来事があった」とジョディ・エギントンはコメント。

「まず、ピエールがグリッドで問題を抱えてしまったためガレージに戻り、すでにピットレーンスタートが決まっていた裕毅と一緒にピットレーンからスタートしなければならなくなった。レースがスタートすると、2人とも前に出るというタスクを遂行してくれた」

「裕毅は非常にソリッドなスティントでポイント圏内を目指したが、最終的にアルボンを先頭にしたトレインに捕まってしまい、ポイント圏内には入れなかった。裕毅の走りが良かった分、この結果は悔やまれる」

「ピエールについては、ミドルスティントを短くして、ラストスティントを長くするというギャンブルに出た。タイヤマネージメントがさらに難しくなるのでリスキーな選択でしたが成功した。ピエールは後方のトレインから逃げて9位という十分な結果を得ることができた」

「ポイント圏内復帰は非常に喜ばしいことだが、自分たちでレースを難しくしてしまっている部分があるので、来週末のレースに向けてフォーカスすべきトピックはまだ多くある」

スクーデリア・アルファタウリ F1 ベルギーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / F1ベルギーGP