アルファタウリF1代表 「角田裕毅はシートを保持できない可能性もある」
スクーデリア・アルファタウリのF1チームを務めるフランツ・トストは、角田裕毅のF1キャリアでのバランスが崩れていると認める。

最近、レッドブルはピエール・ガスリーが来年も姉妹チームであるスクーデリア・アルファタウリに残ることを確認したが、チームメイトである角田裕毅には同様の発表はない。

先週、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコから「問題児」のレッテルを張られた22歳の角田裕毅は、心理学者を手配され、グランプリでの感情のコントロールに取り組んでいる。

「私は問題児は嫌いではない」とフランツ・トストは語った。

「なぜなら、そこから何かを作ることができる本当に良い子供だからだ。私は神童は好きではない」

フランツ・トストは、角田裕毅が「成長過程」にあるため、まだミスを犯していると語った。しかし、良いニュースは、彼も「速い」ということだ。それでも、決してシートは安泰ではないと警告する。

「クラッシュを除けば、シーズン中と同じように続ければ、彼は私たちと一緒にいるチャンスがあると思う」とフランス・トストは角田裕毅の2023席のチャンスについて語った。

「それは彼次第だ。彼が良いパフォーマンスを示せば、彼はとどまりる。だが、彼が良いパフォーマンスを示さなければ、彼はアウトだ。とても簡単なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / 角田裕毅