アルファタウリF1、ピエール・ガスリーの2023年の残留を正式発表
スクーデリア・アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年F1シーズンもチームに残留することを正式に発表した。

ピエール・ガスリーは、2023年末までレッドブルのF1プログラムと契約を結んでいるが、セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングと2024年まで契約を延長して昇格の望みが絶たれたことで、スクーデリア・アルファタウリでの将来について憶測を生んだ。

しかし、スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、先週末のF1カナダグランプリでピエール・ガスリーが2023年もチームに残留するすることを「100%確認」していると強調し、「彼は有効な契約を結んでいる」と述べていた。

そして、6月24日(金)、スクーデリア・アルファタウリは、ピエール・ガスリーが2023年もチームでの活動を続けることを正式発表した。

「26歳のフランス人は2017年から我々と一緒にいる。彼はエンジニアのグループやチームの全員と素晴らしい協力関係を築いており、この継続性は大きな資産になる」とスクーデリア・アルファタウリは声明で述べた。

「ピエールは3回の表彰台と3回のファステストレースラップで実績のあるレースウィナーであり、これまでにF1で合計325ポイントを獲得している。また、彼は非常に強力なクオリファイアーとしての評判を築いてきた」

ピエール・ガスリーは「僕はこのチームに5年間在籍しており、僕たち一緒に経験した旅と進歩を誇りに思っている」と述べた。

「スクーデリア・アルファタウリの僕のチームと一緒にいられることをうれしく思っている。今年の新しいレギュレーションは、僕たちに新たなチャレンジを生み出しました。今後18か月間、チームと一緒に開発を計画できることは、将来の良い作業基盤だ」

ピエール・ガスリーは2017年にアルファタウリの前任者であるトロロッソでF1デビューを果たし、2019年初頭に姉妹チームのレッドブル・レーシングで12戦を戦った後、再びファエンツァのチームに戻り、グランプリのキャリア全体を過ごしました。

アルファタウリに戻って以来、ピエール・ガスリーは1勝を挙げ、さらに2回の表彰台を獲得しており、チームの歴史の中で最も成功したドライバーとなっている。

「ピエールが2023年に我々と一緒にいることを発表できて本当にうれしい」とフランツ・トストは付け加えた。

「彼は間違いなくF1で最高かつ最も競争力のあるドライバーのグループに属しており、彼が我々過ごしてきたすべての時間の間に彼の能力を証明してきた」

「間違いなく、ピエールは来年のシーズンを成功させるチームで主要な役割を果たすことができる。彼が優れた結果を出し続けることができるように、彼に競争力のある車を提供するのは我々の責任だ。」

ピエール・のチームメイトである角田裕毅は2022年末に契約を失うが、フランツ・トストは、カナダで角田裕毅の2年目のF1シーズンに感銘を受けていると語った。

「裕毅は大きく改善した」とフランツ・トストは語った。

「彼は素晴らしい仕事をしていると言わなければならない」

スクーデリア・アルファタウリ F1 ピエール・ガスリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ピエール・ガスリー