動画:角田裕毅とガスリーが語る『F1マシンとスポーツカーの違い』 / スクーデリア・アルファタウリ
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーを務めるピエール・ガスリーと角田裕毅の素顔に迫る人気シリーズ“Bhind The Visor”のシーズン2が公開。世界中を旅する彼らにとって暮らし、マシンそしてチームとは?ドライバー視点から紐解くF1の世界のリアルに迫る!

第1弾は『F1 VS GT』。職業として運転するF1マシン。そして趣味で運転するスーパーカー。見た目の違いは一目瞭然だが、F1ドライバーにとってそれぞれのドライビングスタイルはどれ程違うものなのだろうか。

スポーツカーとF1マシンを運転する場合、ブレーキングや クラッチという点でどのように違うか?という質問に対して、ピエール・ガスリーは「いい質問だね。スーパーカーとF1マシンを比べて...卓球とテニス以上の違いはあると思う」と語る。

「すべてにおいて 規模が違うんだ。F1マシンを運転する感覚は 他の場所では味わえない。地球上に存在する 最速のスーパーカーとも違う」

「アドレナリンの興奮度も コーナーを駆け抜けるスピードも F1マシンには かなわない」

「F1の何が凄いかって。時速300 250 200キロで コーナーを走り抜けてブレーキは極限まで遅らせるんだ。コックピットで受ける重力は市販車とは全く違うものだし、比べることはできない。F1マシンに比べれば ずっと遅く感じるよ」

角田裕毅は「確かに違いはとても大きいね。クラッチでいえば、唯一の違いは 市販車は ペダルだってことだ」と語った。

「ステアリング フィーリングも市販車の中には F1マシンに とても似ているものもある。もちろん 市販車の方が 軽くて F1マシンはもっと重たいけれどね」

「ステアリングといえば 路面をもっとダイレクトに感じるかな。タイヤと路面の密着をよりダイレクトに感じるし、グリップ感も 路面を直接 触っているみたいに自然に感じられる。それは同じだね」

ピエール・ガスリーは「F1マシンのブレーキングは 減速の速さが 驚異的だよね。自家用車でラウンドアバウトに入るのにブレーキを遅らせたりはしない。もし ミラノの赤信号で ギリギリまで ブレーキを遅らせたとしたらとても 比べられないよね」

「それに F1マシンの加速は トラクションが制限されているけど 2.2秒 2.1秒だし、何もかもが 別の次元のものなんだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / F1動画 / ピエール・ガスリー / 角田裕毅