アルファタウリF1代表 「2人のキッズとではミッドフィールドでチャンスはない」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、チームには若さと経験の融合が重要だと考えており、“2人のキッズ”がステアリングを握ってミッドフィールドを走っても“チャンスはない”と感じている。

2021年、アルファタウリF1は、ルーキーの角田裕毅を経験豊富なピエール・ガスリーが快適に上回り、コンストラクターズ選手権で6位を獲得した。

ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの2人のルーキーを走らせたハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、その初年度はチームに「子供がいる」ような感じだったと認めている。

フランツ・トストは、レッドブルの育成プログラムを通じてフレッシュな才能をスポーツにもたらすというアルファタウリのモデルを支持しているが、F1の経験をもつドライバーを最小することは重要な要素であり、そうでなければ、フィールド後方にいることになると語る。

「再起のF1は、経験の浅い2人のドライバーを走らせるのは非常に大きなチャレンジがあり、コンストラクターズチャンピオンシップはすぐに後方にいってしまう」とフランツ・トストはGPFansに語った。

「フィールドは非常に競争が激しく、強すぎるため、2人のキッズがミッドフィールド、またはフロントにいるチャンスはない」

フランツ・トストは、ドライバー間の違いを予選を例に説明。特に角田裕毅は、ルーキーの年にサーキットの大部分をドライブしたことがなかった。これが、ピエール・ガスリーに対して1周のタイム差の理由である可能性があると語る。

これらの詳細は小さいかもしれないが、フランツ・トストは、それによって経験の浅いドライバーが“コンマ数秒”遅くなり、ポジションを落とす要因だと考えている。

「予選タイムを見れば100分の数秒だ」とフランツ・トストは説明した。

「サウジアラビアでは、ピエールは(シャルル)ルクレールから0.087秒遅れていたと思う。これは78cmくらいだが、ポジションは2つ違う」

「経験の浅い若いドライバーがいる場合、我々は1000分の1ではなく10分の1についての話になる」

「経験豊富なドライバー1人の組み合わせで、非常に熟練した若いドライバーがいる場合、アルファタウリは常にポジションにいるし、若いドライバーを教育する準備ができていると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ