アルファタウリF1幹部 「角田裕毅とガスリーのコンビはお互いを補完」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、ピエール・ガスリーのの知識は、チーム自体にとっても角田裕毅にとっても有益であり、また、ルーキーの角田の発想はガスリーの刺激にもなると考えている。

今年、チームとの4年目のフルシーズンを迎えるピエール・ガスリーは、ルーキーの角田裕毅を新たなチームメイトに迎えた。

昨年のF1イタリアGPでF1初勝利を挙げたピエール・ガスリーは若手のなかで円熟味を増しており、新人の角田裕毅の速さもチームに刺激を与えているとジョディ・エギントンは語る。

「ピエールは昨年のベンチマークを持っており、2021年のマシンは2020年のマシンの進化形であるため、非常に重要だ。したがって、このマシンとエンジニアのチームがどのように機能するかを知っていることが不可欠だ。彼が何か問題を抱ている場合、彼はすでにリファレンスを持っている」とジョディ・エギントンは言った。

「我々が戦っている多くのチームは、2人の経験豊富なドライバーがいるので、彼らにとっては異なるシナリオだが、我々が抱えているドライバーはいい関係だ。ピエールは、何が良くなっているのか、何がうまくいかないのか、何が変わったのかを詳細に教えてくれる。相関関係と組み合わせて、裕毅が尋ねる可能性のあるいくつかの質問に答えるのを手伝ってくれる。予想するべきことと、そうではないことを彼に伝えることができるので、我々はすべて処理している」

「裕毅のドライビングスタイルはピエールとは少し違うので、少し違った質問も出てくる。つまり、様々な要素をミックスできるということだ。重要なのは彼がスピードを持っていて、貢献できているということだ」

だが、角田裕毅に関して、ジョディ・エギントンはまだ長い道のりがあると語る。

「彼の速さはF2時代から疑う余地がなかった。だが、彼はF1に参加する若いドライバーと同じように学ぶべきことがたくさんある。しかし、彼はすべてを段階的に行っている」とジョディ・エギントンは語った。

「彼は多くの情報を吸収し、非常によくコミュニケーションを取り、エンジニアとうまく連携している。彼は速い学習者だ」

角田裕毅とアルファタウリ・ホンダF1にとってはクリーンな週末ではなかったが、結果はシーズンの残りの部分に希望を与えるものだとジョディ・エギントンは語る。

「いくつか浮き沈みがあった。彼は本当に速いが、マシンにいくつかの問題があり、チームの他のメンバーと同じようにそれは彼を苛立たせた。しかし、それは我々を強くする。これまでのところ、非常にうまくいっている」

ジョディ・エギントンは、これまでチームが輩出した若いドライバーの長い歴史を考えると、アルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅がF1デビューするには最適なチームだと信じている。

「傲慢に聞こえたくないが、チームは若いドライバーとうまく連携している。ここで運転した若いドライバーのリストを見れば、我々のエンジニアは優れていると言えるだろう」

「浮き沈みはさらに増えるだろうが、彼はパフォーマンスを発揮している。私にとってはそれが最も重要だ。彼は学ぶためにここにいる。全体として、彼はうまくやっており、正しい場所にいると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / 角田裕毅