アルファタウリF1代表 「コスワークでも構築可能な次世代エンジンが必要」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2025年の次世代のF1エンジン規則は“コスワークもしくはマリオ・イリエン”が参入できるようなものにする必要があると考えている。

2022年からはレッドブルが運用するホンダF1の技術をベースとしたF1エンジンを使用するスクーデリア・アルファタウリだが、2025年には完全に新しいエンジン形式の導入が予定されており、メルセデスにとって完全に支配されているハイブリッド“パワーユニット時代に照らして、次世代F1エンジンはどうあるべきかについての議論が激しさを増している。

「V6とターボを使い続けることになるだろうが、MGU-Hはなくなるだろう」とフランツ・トストは Auto Motor und Sport
「エネルギー回性システムが必要なため、MGU-Kは必要だ。だが、その場合、主な焦点はCO2ニュートラルな電子燃料の使用にあるべきだ」

「そうなれば、我々は排出要件を満たし、将来に向けて適切な位置にいることを意味するだろう」

フランツ・トストは、新しいF1エンジン規制の主な焦点は、より多くのメーカーをこのスポーツに引き付けることだとか語る。。

「もっと多くのメーカーが必要だ。したがって、新しいエンジンは、正確に定義された予算で財政的に持続可能でなければならない」とフランツ・トストは語る。

「また、レギュレーションは、コスワースやマリオ・イリエンがエンジンを構築すできるようにする必要がある。新しいメーカーに門戸が開かれれば、現在のような制約はなくなる」

「コストを節約するために、材料を制限し、エンジンを長持ちさせて、それほど多くを構築しなくてもいいようにする必要がありる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1マシン