アルファタウリ・ホンダF1 「レッドブルと風洞を共有できることは利点」
アルファタウリ・ホンダF1は、今年からレッドブルの60%の風洞に切り替えたことで、2022年F1マシンの設計に“大きな利点”がもたらされると考えている。

2020年にトロロッソからアルファタウリへとブランド変更した後、レッドブルはファエンツァを拠点とするチームを以前のようにBチームではなく、姉妹チームとして識別している。

レッドブルが所有する2チーム間の相乗効果の増大の一環として、アルファタウリは今年からバイチェスターにある独自の風洞ではなく、ベッドフォードにあるレッドブルの風洞に切り替え、2022年F1マシンのすべての開発作業を実施する。

これは2021年のF1世界選手権から導入された新しいハンディキャップシステム(※)によってもたらされた。これまで風洞開発は無制限だったが、今年からコンストラクターズ選手権の順位に基づいたスライド式の空力開発ハンディキャップシステムが導入される。

アルファタウリのバイチェスターの風洞は、F1グリッドでは最後となる50%スケールのモデルを使用していた。

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年の予算上限とレギュレーションの変更と並行して、風洞の切り替えはアルファタウリをさらに後押しすると確信していると語る。

「これまでずっと50%で作業しなければならなかったので、60%の風洞に変更することは大きな利点だ」とフランツ・トストは語った。

「もちろん、60%はより正確であり、うまくいけばより有効なデータを提供してくれる。それにコストキャップの2年目を迎える。つまり、トップチームは我々のようにあまり多くの資金を投資することができない立場になるはずだ」

「この新しいレギュレーション、2022年のクルマを楽しみにしている。パフォーマンス面から見れば、まだどうなるかはわからない。ベストの方法で組み合わせなければならない様々なパーツがたくさんある」

「だが、我々のエンジニアリングチームがそれを行い、2022年に成功できることを願っている」

アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、50%モデルでの結果にも自信を持っていたが、60%モデルに提供される高い精度と偶奇性によって、なかなか消えなかった疑問が解消されることになるだろうと語る。

「我々の風洞は非常に優れており、我々はそれを非常によく理解している。それが我々を妨げていたとは言えない」とジョディ・エギントンは語る。

「60%を走らせたかったし、それは当然の選択だった。それが、我々が実際にそうした理由だ」

「挑戦ではある。風洞の切り替えにリスクがないわけではないが、中期的には実際にやるべきことだと思う。我々だけが50%であり、それは頭の中で疑問符が増えていた。60%の風洞を使う機会を与えられたことで、それを取り除くことができた」

「自分が何かをしている最後の人となり、誰もが別の方向に進んでいるときは『これには何かがある!』と思うものだ」

「我々の目標は、より競争力を高めることだ。実行したことで、その疑問符は削除された。時が経てばわかるだろう。頭を抱える問題だ。我々はすぐに全力で取り掛かり、風洞を理解しなければならない」

「風洞の使い方を確認し、我々が持っているものを生かすためには人が重要になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル