アルファタウリ・ホンダF1 「AT01は選手権5位という目標を実現できる」
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、F1プレシーズンテストでのAT01のパフォーマンスをコンストラクターズ選手権5位という目標を実現できるという自信を与えてくれたと語る。

昨年、トロロッソはルノーF1チームに6ポイント差でコンストラクターズ選手権6位を獲得。今年はレッドブルのアパレルブランドを宣伝するためにアルファタウリにブランド変更された。

新生アルファタウリの発表会でコンストラクターズ選手権5位という目標を掲げていたフランツ・トストは、F1バルセロナテストを終えてもその目標を繰り返す。ピエール・ガスリーとダニール・クビアトというラインナップを継続するアルファタウリは、6日間で769周を走り切った。

「ここまでを要約すれば、我々はかなり良いマシンを持っている」とフランツ・トストは語る。

「メカニカル面には非常に満足している。空力面ではアンダーステア​​に対処するために何かを見つけなければならないかもしれないが、全体的に言えば、マシンは期待通りに機能している」

「両方のドライバーが良い仕事をしている。コンストラクターズ選手権5位以内に到達するという目標を達成できると楽観している」

また、フランツ・トストはまた、アルファタウリのエンジンパートナーであるホンダF1が示した進歩を称賛する。

「大きなステップアップを果たした」と Autosport にコメント。

「我々は3年間と彼らと一緒に作業している。パワーユニットがモノコックにどのように取り付けられているかに目を向ければ、1年目と比較してそこには大きな違いがある」

「すべてが最適化されている。電気ボックスからウォーターポンプ、オイルポンプに至るまで、あらゆる種類のものが、重心を向上させ、より優れた重量配分を実現している」

「これはもちろん役立つ。パフォーマンスの差別化要因であり、彼らは信頼性の側面とパフォーマンスの側面からも大きな前進を遂げている」

「どれくらいか? それは2~3戦後にわかるだろう。他チームがどれくらい進歩を果たしているかはわらかないからね。比較する必要があるし、そのためには2~3戦が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1