F1
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、冬休み中にチームは“他チームよりもスピードを上げる”ことができると自信を持っている。

今年からアルファタウリと呼ばれることになったレッドブルの姉妹チームは、2019年にチーム史上最高のシーズンを経験。レッドブルとのより強い関係を生かして、2020年はコンストラクターズ選手権5位を目標に掲げている。

チームとのパートナーシップ3年目を迎えるホンダのF1エンジンはグリッドの先頭に返り咲いており、アルファタウリは昨年3勝を挙げたレッドブル RB15がベースとなる。

フランツ・トストは、アルファタウリのマシンが後退する理由はないと語る。

「我々全員が減速することはない。我々は他よりもスピードを上げられることを期待している!」とフランツ・トストは語る。

「それは新車にどれだけ競争力があるのか、そして、ホンダがどれだけ進歩するかによって異なる。だが、全体的に言えば、現在、マシンは一定のレベルにあり、我々にかなり良いパッケージがあるはずだ」

アルファタウリは、昨年と同じピエール・ガスリーとダニール・クビアトが継続してドライバーを務める。二人ともレッドブルでグリッド上位での経験を積んでいる。フランツ・トストは、二人の経験がチームに利益をもたらすことを期待していると語る。

「我々には2人の経験豊富なドライバーがいる。ホンダF1はパフォーマンスを向上させるために冬の間に一生懸命働いている。2020年のマシン開発のバランスを見つける必要があるため非常に困難になるが、2021年マシンの研究開発に集中することも忘れてはならない」

アルファタウリは、2月14日(金)の夕方にホンダのF1エンジンを搭載する2020年F1マシンを発表。これまでの命名規則を考えれば『アルファタウリ SAT1』と呼ばれるであろう新車の発表イベントは、オーストリア・ザルツブルグにあるレッドブのハンガー7で実施。同施設で新車発表会が行われるのは初めてとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1