インディ500 プラクティス4日目 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は、インディ500 プラクティス4日目に4番手タイムを記録。明日金曜日は予選にむけて集中していく予定だと述べた。

プラクティス4日目に96周を走行したフェルナンド・アロンソは、これまでで最速の225.619mphを記録。ここまではレース用セットアップとトラフィックでの走行をマスターすることに集中してきたフェルナンド・アロンソだが、予選前最後のプラクティスとなる明日はクリーンエアーでの走行により多く取り組んでいくつもりだと語る。

「午前中のとても早い段階からクルマの感触はかなりOKだったけど、一日を通してそれを改善できたし、かなり満足している」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちはまだレース状況とトラフィック走行に比重を置いて取り組んでいる」

「明日は単独走行と予選に集中していく。でも、プライオリティはレースだ」

フェルナンド・アロンソのドライバーコーチを務める2003年のインディ500ウィナーのジル・ド・フェランは、木曜日からの準備はアロンソにとって“より楽しい時間が増える”ことになるだろうと述べていた。

金曜日のプラクティスでは、ドライバーは1.3~1.4barを増加させた予選レベルのブーストで走行することができる。

「僕のコーチのジル・ド・フェランからは、予選での4ラップはクルマはほぼリミットに達するのでこれまでで最も恐ろしいラップになると教えられている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「でも、明日のファストフライデーで初めてその感触を掴むことになるし、そうすれば土曜日が見えてくるだろう」

「それでも僕たちはレース状況に集中している。明日、それらは予選で速く走るために何が必要か、予選ラップで何かキーポイントになるかを理解することに役立つだろう」

予選を終えるとプラクティスは来週の月曜日と金曜日しかない。インディ500の4日間のプラクティスを楽しんでいると語るフェルナンド・アロンソだが、プラクティス時間がなくなってきているなか、まだ多くのことを学ばなければならないと認める。

「他のクルマと一緒に走っていると、彼らがやっていることから常に学べる。彼らがやっている異なるテクニックなどをね」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「毎日が面白いし、毎日が異なる。残念ながら、フリープラクティスは徐々に終わっていく。まだ多くのラップを逃しているけど、金曜日のより多くのパワーを得られる明日はそれを最大限に生かして、そこから学んでいきたい」

「明日はゼロからのスタートだ」

関連:【インディ500】 プラクティス4日目:アロンソが225mph越えで4番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | インディカー