フェルナンド・アロンソ、F1引退後を見据えてのアストンマーティン移籍
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌからアストンマーティンに移籍した理由の1つは、F1でドライバーといてのキャリアを最終的にあきらめた後の将来を見据えてのことであることを明らかにした。

フェルナンド・アロンソは、2001年オーストラリアGPでミナルティからF1デビューを果たし、それ以来、ルノー、マクラーレン、フェラーリで355回のレースに出走し、2つのF1ワールドチャンピオンを獲得している。

41歳になったフェルナンド・アロンソは、グリッド上の最年長の現役ドライバーであり、ルイスハミルトンより4歳年上だが、2023年にアストンマーティンと新たに複数年契約を結び、その勢いが衰える兆しはまだ見られていない。

しかし、フェルナンド・アロンソでさえ時間の経過を認識しており、彼の現在の契約は、最終的にF1のコックピットから降りることを決定した後の将来のキャリアパスを計画することでもあると述べた。

「現時点では、頭の中で明確なことは何もないけど、いつか運転をやめることはわかっている」とフェルナンド・アロンソはアブダビでのポストシーズンテストでメディアに語った。

「その頃には、おそらく25年くらいの経験を積んでいるだろう」

「そして、そのチームがアストンマーティンであることを願っている。今後数年間、僕たちが何をするにしても、それを続けるだけだ」

この提案された方向性は、彼がアストンマーティンのオーナーであるローレンス・ストロールとチームの上級管理職にすでに打ち明けているようだ。

フェルナンド・アロンソの同胞で長年の友人であるペドロ・デ・ラ・ロサは、1999年から2012年までアロウズ、ジャガー、マクラーレン、ザウバー、HRTでF1ドライバーを務めたが、すでにアストンのマーケティングおよび顧問の役割を担っている。

ペドロ・デ・ラ・ロサは、若手ドライバープログラムも監督しており、フェルナンド・アロンソがそのような役割を担うことになれば、「私を幸せにしてくれる」と語り、チームにとって「良い価値」があると付け加えた。

だが、、F1引退を決断したとしても、フェルナンド・アロンソはどこかでレースを続けるだろうと語る。

「それがスポーツカーになるのか、それともダカールになるのかは分からない。そのことは何度か言ってきた」とフェルナンド・アロンソは語った。

フェルナンド・アロンソはスポーツカーのレースにも出場し、ル・マンではチャンピオンシップを獲得したトヨタの一員だったが、以前のカテゴリーに戻ることにあまり熱心ではないようだ。

「ある意味では、チャンピオンシップを獲得し、ル・マンとデイトナで優勝しているので、スポーツカーでより多くのことを達成することには興奮ないのかもしれない」

「例えばダカールなら、ある日ダカールラリーで優勝したら、そのような前例はないと思う」

しかし、今のところ、フェルナンド・アロンソはアストンマーティンで来年のF1ワールドチャンピオンシップで何ができるかに完全に集中している。

ポストシーズンテストで初めてアストンマーティン AMR22を試乗する機会を得たフェルナンド・アロンソは、既存のマシンでわかったポテンシャルに「嬉しい驚き」だったと語る。

「今はもっと楽観的だ」とフェルナンド・アロンソは語った。

「今朝(ポストシーズンテスト前)は100%だった。今、100%以上だ! 今、本当にハッピーだ」

「来年はすべてが変わるので、自信過剰になることはできないけどね」

「でも、ガレージでみんなと一緒に感じた感覚と、チームのポテンシャル、ここのエンジニアリングルームで見られる才能は際立っている」

フェルナンド・アロンソは、2022年にアルピーヌで一連のイライラする技術的な問題とリタイアに苦しみ、明らかにはるかに多くのことを成し遂げることができる車にもかかわらず、9位でシーズンを終えた。

アルピーヌF1チーム自体はコンストラクターズ選手権で4位に終わったが、アストンマーティンは、6位のアルファロメオにわずかに届かなかった。

しかし、シンガポールでダブルポイントを獲得するなど、シーズン後半にチームの調子が改善したことで、フェルナンド・アロンソは移籍の判断が正しかったと確信している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン