フェルナンド・アロンソ、F1シンガポールGPでF1史上最多出走記録を更新
フェルナンド・アロンソは、次戦F1シンガポールGPでF1史上最多出走記録を。2023年からアストンマーティンと2年契約を結んでいるアロンソは、400回の大台を達成できると確信していると語る。

フェルナンド・アロンソは、先週末のF1イタリアGPでのキミ・ライコネンが保持していた349回のグランプリ出走数に匹敵した。.

41 歳のアロンソは、最近、2023年から始まるアストンマーティンとの複数年契約に署名したばかりであり、ペースを落としたり、ヘルメットを脱ぐことを考える気配をほとんど見せていない。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが400レースに出場することはほぼ間違いなく、2024年シーズンの終わり頃にはこの記録に到達する可能性が高い。

フェルナンド・アロンソは、モンツァでのキミ・ライコネンの記録的な出走数に到達したことについて、「毎週末繰り返しているので、出走数は知っているけど、あまり興味がない」と語った。

「F1に何年もいることができてうれしいし、あと2年、あるいは何年もF1にいることができてうれしい」

「400には確実に到達するし、それは大きな数字だ。それは、スポーツに対する僕の情熱と、高いレベルでパフォーマンスを発揮するための僕の規律を示している」

「パフォーマンスがなければ、チームは400回のグランプリを与えてくれないだろう」

グリッド上で最年長のドライバーであるにもかかわらず、フェルナンド・アロンソは2023年以降もF1キャリアを伸ばしたいと常に断言していた。アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソに2024年のオプション付きの1年契約を結ぶことに熱心だったが、交渉は難航した。

フェルナンド・アロンソのF1 キャリアは20年以上に及び、2001年にミナルディでデビューを果たしている。以来、ルノーのテストドライバーだった 2002年と、F1以外のレース分野を探求するために休暇を取った2019-20年を除いて毎シーズンレースを続けてきた。

2007年のF1ワールド チャンピオンであるキミ・ライコネンは、2020年のF1アイフェルGPでルーベンス・バリチェロの記録を獲得した後、昨年末のF1アブダビGPでアルファ ロメオに最後の出場を果たした。

フェルナンド・アロンソを除いて、300 回以上のスタートを記録している唯一の現役ドライバーはルイス・ハミルトンで304回のスタートを切っている。ハミルトンは今後6週間でジェンソン・バトンとミハエル・シューマッハの306回を抜いて歴代4位に浮上する予定となっている。

セバスチャン・ベッテルは、293回のスタートでルイス・ハミルトンのすぐ後ろに位置している。つまり、F1から引退する前のアブダビでの彼の最後のレースは、299回目のレース出場になるはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1シンガポールGP / アルピーヌ