フェルナンド・アロンソ 「決勝はタイヤマネジメントが大きな要因になる」 / アルピーヌF1チーム F1フランスGP 予選
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第12戦フランスグランプリの予選を7番手で終えた。

初日のフリープラクティスではトップ10圏外で苦戦していたフェルナンド・アロンソだったが、土曜日には復調してQ3に進出し、持ち前の勝負強さをみせた。

「これまでのところ厳しい週末だったけど、7番手は明日スタートするのに強力なポジションだ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「車のバランスに満足していなかったので、週末を通してそれを改善するために一生懸命取り組んできた。昨日はロングランはかなり強かったので、明日はゲインできるかどうか見てみよう」

「タイヤは、オーバーヒートとグレイニングがでいているのでマネジメントが大きな要因になるだろうし、暑さの中で本当にチャレンジングになるだおる」

「ピットレーンでのタイムロスもチャンピオンシップで最も高いレースのひとつなので、明日はワンストップ戦略が理想的だけど、それが可能かどうかは見てみなければならない。雰囲気は素晴らしいし、ホームのファンから本当に愛を感じた」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1フランスGP / アルピーヌ