フェルナンド・アロンソ、アルピーヌF1と2年間の契約延長を希望
フェルナンド・アロンソは、F1で「少なくともあと2年間」はレースを続けたいと語った。

最近では、ルノーが所有するアルピーヌF1チームが2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと新しい契約を結び、リザーブドライバーのオスカー・ピアストリをウィリアムズに送る可能性がますます高まっている。

「僕たちは夏休みの間にそれについて話すと思う」と40歳のフェルナンド・アロンソはSky Deutschlandに語った。

「それが今年の初めの僕の最初のアイデアだった」

「カムバック以来、F1での時間を楽しんでいる。私の意図は少なくともあと2年間続けることだ。それが今の僕の頭の中にあることだ」

「チームとしてはまだ話し合っていないけど、合意を見つけて先に進むことができればと思っている」

F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、来年ウィリアムズでデビューする可能性が高く、彼のチームメイトはアレクサンダー・アルボンになる可能性も高いようだ。

「彼は非常に良い情報を提供し、車のセットアップが非常に上手で、落ち着いていて、車に対するフィーリングが良く、エンジニアやチームとうまく連携しています」とウィリアムズのF1チーム代表を務めるヨースト・カピートはアルボンについて語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ