フェルナンド・アロンソ 降格9位 「エンジントラブルが発生していた」 / アルピーヌF1チーム F1カナダGP 決勝
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を9位で終えた。

土曜日の予選でセンセーショナルな2番グリッドを獲得したフェルナンド・アロンソだったが、ドライでは予選でポジションを外れていた車を抑えるのに苦戦。VSCのタイミングは味方せず、レース後半にはエンジントラブルも発生。

さらに7位でチェッカーを受けたが、レース後にバルテリ・ボッタスへのウィービングに5秒ペナルティを科され、9位に降格した。

「今週末は9位よりも良い結果に値したと思うけど、それでも両方の車が最後にポイントを獲得できたのは良いことだ」とフェルナド・アロンソはコメント。

「最終的には表彰台を目指して戦う大きなチャンスを失った。そうするためのペースがあったように感じていた」

「1回目のピットストップの直前にタイミングの悪いVSCに見舞われた。VSCが展開されたとき、僕はメインストレートにいたし、VSCが終わる前にピットストップの機会を逃した。その後、20周目からエンジントラブルが発生して管理しようとしていた。僕たちは車をリタイアさせなかったし、ストレートで多くのタイムを失っていたので、DRSを使って防御した」

「特に昨日のパフォーマンスの後なので残念だけど、シルバーストンに向かい、信頼性の問題を解決して、より多くのポイントを獲得を目指す」

チームメイトのエステバン・オコンは6位でフィニッシュしていた。

「8ポイントを獲得した今日の結果にとても満足している」とエステバン・オコンはコメント。

「チームは車と戦略で素晴らしい仕事をしたし、全体的にすべてがうまく管理されていた。チームとして良いポイントを手にしてカナダを離れることができるし、コンストラクターズチャンピオンシップで大きなステップアップを果たした。最後にDRSでフェルナンドがバルテリ(ボッタス)を抑えるのを手伝うことができてうれしい」

「週末がどのように展開したかについては、まだ話し合い、学ぶことがたくさんあるけど、重要なことは、この勢いを維持し、今後のレースで優れたパフォーマンスを提供し続けることだ」

フェルナンド・アロンソ F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1カナダGP / アルピーヌ