フェルナンド・アロンソ 「F1に復帰できた自分は幸運だと思っている」
フェルナンド・アロンソは、F1復帰を決して当然のことだとは考えていない。2年前に離れた後、F1に復帰できたことを非常に感謝していると語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、特にマクラーレン・ホンダの不遇の3シーズンを経て、メルセデスF1のようなチームを捕えることができず、決して望まないミッドフィールドでのレースを強いられることに幻滅していった。

その結果、フェルナンド・アロンソは2018年シーズンの終わりにマクラーレンとの2回目の帰還に終止符を打ってF1を離脱。FIA 世界耐久選手権(WEC)、インディ500、ダカールラリーといったモータースポーツでの新たな挑戦を試みた。

しかし、フェルナンド・アロンソは、2021年シーズンにアルピーヌF1とともにF1復帰。2022年に導入される緊密なレースを目指すレギュレーション変更に魅力を感じた。

通常のF1ドライバーは、F1グリッドを離れると、戻ってくる道を見つけるのは非常に難しい場合がある。したがって、フェルナンド・アロンソは、自分がF1に戻ってくることができたことを非常に幸運に思っていると語る。

「F1に戻ってこれたのは贅沢なことだ」とフェルナンド・アロンソはGPFansに語った。

「ストップすると決めたときも、戻ってくると決めたときも、非常に贅沢なことだった。通常、F1マシンをドライブできるのは非常に少数のドライバーであり、このような可能性を実現するのは簡単なことはでい。だから、感謝している」

最近、スペインのテレビに出演したフェルナンド・アロンソは、初期のカート時代を思い出したときも、同じような内省的に語った。

「父が、姉のために小さなカートを作ったけど、彼女はそれを好きではなかったので、僕のものになって、次の週末にレースがありました」とフェルナンド・アロンソは振り返った。

「彼らは僕を仲間に入れてくれて、僕はレースをした。僕は最下位だった。レースは20周で、2周し、18回周回遅れにされたと思う。でも、それがすべての始まりだった。姉がそれを気に入らなかったのはラッキーだった!」

現在、フェルナンド・アロンソは、自身のカートスクールを持っているが、彼のアカデミー出身者がF1に到達する可能性については現実的な考え方をしている。

「スタートしたい子供たちや、F1ドライバーになりたい子供たちから、夢を奪いたくはないけど、幸運やスポンサーのような偶然の一致が必要だ」とフェルナンド・アロンソは警告した。

「これは、最も高価なスポーツだ。衣類、カートでさえ、良いものは自動車のように最大10,000ユーロ(約130万円)の費用がかかる可能性があるし、そこからガソリン、チェーン、タイヤを追加する必要がある。1週間と持たないからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ