フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」
フェルナンド・アロンソは、初のF1ワールドチャンピオンを目指しているマックス・フェルスタッペンを若い頃の自分と重ね合わせている。

フェルナンド・アロンソが2005年にミハエル・シューマッハとフェラーリの覇権に終止符を打ってルノーと初のF1ワールドチャンピオンを獲得したのは24歳のときだった。

現在、24歳のマックス・フェスタッペンは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンとダブルタイトルを8連覇中のメルセデスを相手にタイトルを争っている。

F1トルコGPを終え、残り6レースでマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンに6ポイントをつけてランキング首位に立っている。

「僕は24歳のときに7回のワールドチャンピオンと最初のワールドチャンピオンをかけて戦っていた。当時はそれはミハエルだったけど、今はルイスだ」とフェルナンド・アロンソは振り返る。

「バルセロナにはグランドスタンドは青で埋まっていた。そして今、ザントフォールトにはオレンジが埋めている。

「だから、今年は多くの類似点があると思う」

フェルナンド・アロンソは、マックス・フェルスタッペンがプレッシャーへの対応において「他の人よりも優れている」と称賛。フェルスタペン自身ものリラックスしたアプローチを繰り返している。

「僕はいつもベストを尽くしているし、チームも可能な限りベストを尽くしていることは分かっている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「年末にチャンピオンになっていたら、まず、それはもちろん驚くべき成果だ。そえが僕たちの仕事だよね?」

「でも、2位で終わったとしても、素晴らしいシーズンだったと思う。結局のところ、実際それが僕の人生を変えることはないだろう」

「僕は自分がしていることを楽しんでいる。それも非常に重要なことだと思う。だから、僕にとっては、心配することはあまりない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マックス・フェルスタッペン