フェルナンド・アロンソ、F1を非難 「ドライバーごとにルールが異なる」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは「ドライバーごとにルールが異なる」としてF1を非難した。

フェルナンド・アロンソは、F1ロシアGPのオープニングラップのターン2のエスケープロードに逃れた。レース前にグリッドに向かうアロンソは同じことをしていた。

FIAはアドバンテージを得られなかったと判断して調査をしなかったが、この一件は、レース後にソーシャルメディアで注目を集めた。

フェルナンド・アロンソは今週末のトルコGPに先立ち、「ここイスタンブールで質問されるかを見るため」にそれを行ったとし、どのドライバーが関与しているかで、そのような動きに対する反応が違うことを証明したと語った。

「ここイスタンブールでの質問を見るためだ」とフェルナンド・アロンソはF1トルコGPに先立って語った。

「僕が何かをすると、彼らは次のイベントで異なるアクションと異なる影響を与えるかどうかを確認するためにね。今後、彼らは最初の数コーナーでラップ1のランオフエリアを変更するかもしれない」

「最初の数レースで多くの人がアスファルトの外から追い抜かれていて、僕はチャンピオンシップのほとんどで馬鹿真面目だった。オーストリアでも、両方のレースを覚えているけど、何も起こらなかった。次のレースでは質問はなかったけど、ソチの後に質問があった。それが確認された」

フェルナンド・アロンソは、ウェットコンディションでドライタイヤを履いてピットレーンに戻ったときに、ランド・ノリスがピットエントリーのラインを横切ったが、ペナルティを科さなかったことをスチュワードに改めて提起した。

彼の最初の答えを明確にするように頼まれたフェルナンド・アロンソは「多くのことの確認だ」と答えた。

「異なる人々のための異なるルールまたは異なる人々のための翌週の異なる話し合いがあることをね。次にピットエントリーの白線と人とその国籍を見てみよう。彼がどの国籍で、どのペナルティが課せられるかを見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1トルコGP / アルピーヌ