「アロンソはハミルトンからう挑戦を受けるなど想像すらできなかった」と元メルセデスF1責任者
メルセデスF1の元責任者を務めたノルベルト・ハウグは、フェルナンド・アロンソは2007年にルイス・ハミルトンとチームメイトになった際、ルーキーから挑戦を受けることになるを“想像できていなかった”と語る。

2007年、マクラーレンはドライバーラインナップを一新し、2回のF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソのチームメイトとして“秘蔵っ子”として育成してきたルイス・ハミルトンをデビューさせた。

多くの人が驚いたことに、ルーキーのルイス・ハミルトンは、現役F1ワールドチャンピンのフェルナンド・アロンソと互角以上の戦いを繰り広げた。だが、チームの内紛の結果、フェラーリのキミ・ライコネンが1ポイント差でチャンピオンを獲得した。

メルセデスF1の元責任者であるノルベルト・ハウグは、その年のツイス・ハミルトンが活躍は彼がいかに優れたドライバーであるかの最高の例であり、フェルナンド・アロンソはまさか自分がそのような挑戦を受けることになるとはまったく想像していなかったと語る。

「フェルナンドは最高の例を提供した」とノルベルト・ハウグは Servus TV に語った。

「彼は、ルーキーが2回のワールドチャンピオンと同じくらい速く走るなど想像できていなかった。だが、当時のルイスはそうだった」

ルイス・ハミルトンは、それ以降、7回のF1ワールドチャンピオンと通算100勝を挙げ、F1史上最も成功したドライバーになった。

ルイス・ハミルトンがそのような成功を収めることができたのは、ハイブリッド時代のメルセデスの優位性と近年のレース数の増加によるものだと批判的な見方をする人もいるが、ノルベルト・ハウグは、マシンの強さを考慮したとしても、ハミルトンの記録と業績は印象的なものだと感じている。

「ルイスは15年間で281戦に出場し、100回の勝利を収めた」とノルベルト・ハウグは語る。

「それは平均してほぼ3レースほどに勝っているということになる。彼がしばしば最高のマシンを持っていたとしても、それは非常に注目に値する」

ルイス・ハミルトンは、今シーズンに8回目のF1ワールドチャンピオンを目指しているが、現在、マックス・フェルスタッペンとの激しい戦いに巻き込まれている。

どちらが勝つかは現時点では非常に不明確であり、残り7ラウンドで二人の差はわずか2ポイントだ。

ノルベルト・ハウグも、どっちがトップに立ってもおかしくないと考えている。

「あのような人たちは自分自身を信じている」とノルベルト・ハウグは付け加えた。

「ドライバーが自分自身を疑う場合、すぐに他の人にチャンスが巡ってくる。ハミルトンやフェルスタッペンのような新のトップドライバーは、2021年にその『誰も自分を打ち負かせない』という絶対的な自信を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / ルイス・ハミルトン