フェルナンド・アロンソ 「5周毎に戦略とターゲットをアップデートした」 / F1オランダGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1オランダGPで今季3回目となるトップ6フィニッシュを果たした。レースの大部分は忍耐と経験で乗り切ったが、コントロールを失った瞬間にクラッシュしなかったという運に恵まれたと明かす。

9番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、ターン7までにチームメイトのエステバン・オコンとアントニオ・ジョビナッツィをオーバーテイク。その過程で3度の接触があったが、その後は比較的クリーンエアでレースを進めた。

「1台のフェラーリの前でフィニッシュし、週末を通して競争力があったという点で、6位はおそらく予想を上回っている思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「1周目はポジションを安定させることが非常に重要だと分かっていたので、必要だと感じていた多くのリスクを冒した。その後はタイヤのマネジメントがうまくいった。レースの内容には満足している」

「グリッドのクリーンな側にいたので、スタートでアウトサイドに行く計画だった。あまり動きのないストレートなスタートを切って、ターン1のアウトサイドに行くことを考えていたけど、ジョビナッツィも同じ計画だった。彼は外側にいて、僕のアイデアを少し妨げた」

「その後、ターン2とターン3は少し即興で走らなければならなかった。マシンがたくさんいて、一時は芝生の上にいた。ターン3はアウトサイドを走ることを選び、立ち上がりで勢いを維持したけど、カルロスが途中で真ん中にいて、ターン3の出口でブレーキをかけなければならなかった。それは助けにならなかったね。でも、ジョビナッツィとカルロスがターン7までやり合っていたので、1つポジションを奪い取ることができた」

「ターン1でエステバン、ターン2で(ジョージ)ラッセル、ターン6でジョビナッツィにヒットされたと思う。今日はパンクしない非常に頑丈なタイヤがあって良かったよ!」

フェルナンド・アロンソにとって心配な瞬間はそれだけではなかった。終盤に6位をサインツを追いかけている際、ターン3でウォールにぶつかりかけた。最終的にはピットストレートでフェラーリを抜くことができた。

「確かに非常にストレスの多い瞬間だった。6周くらい、ターン1の最後にインサイドからカルロスに仕掛けていた。抜けると思っていたけど、ギリギリで彼はブレーキをリリースして、さらに奥でブレーキをかけたので、ターン1でほぼ接触しかけた」

「ターン3では接近しすふぎて、フロントを少しロックして、通常よりもワイドに走ってサーキットの外にいた。バンクからウォールまで2メートルほどあるけど、両方のフロントタイヤがロックしてウォールから10cmくらいだった」

「そこで魔法をかけたわけではない。マシンをコントロールできてしなかったし、単純に運が良かった。あそこはラッキーだったね」

フェルナンド・アロンソは、初めての走行となるザントフォールトで、第1スティントでは無理にフェラーリを追わずに、タイヤとペースを確認するというアプローチが奏功したと振り返る。

「今回はタイヤのデグラデーションについて完全に未知の世界にいた。過去の経験がなく、金曜日の周回も十分ではなかった。そのため、5周ごとに戦略、ターゲットラップとストップをアップデートしていった。これはコンピューターやシミュレーションによって多かれ少なかれ決定される他のどのレースよりも大きなドライバーの貢献だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ