フェルナンド・アロンソ 「ハミルトンとの軋轢はマクラーレンF1に責任」
フェルナンド・アロンソは、2007年にチームでのルイス・ハミルトンの関係が悪化した責任をマクラーレンF1に負わせました。

ルノーで2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、2007年にマクラーレンに移籍。マクラーレンの秘蔵っ子と呼ばれたルーキーであるルイス・ハミルトンと組んだ。

だが、ルイス・ハミルトンは、F1での最初の9戦で表彰台を獲得し、実上のナンバーワンドライバーとしてマクラーレンに加入するというフェルナンド・アロンソの当初の考えに逆った。

そして、フェルナンド・アロンソがF1ハンガリーGPの予選中にピットボックスで静止してルイス・ハミルトンのアタックを阻止したことで二人のライバル関係はついて沸点に達したよう見えた。

二人は、インディアナポリスでもコース上で決闘し、フェルナンド・アロンソはレースをリードするためにルイス・ハミルトンを抜かせてもらえなかったことで、ピットウォールの近くをドライブすることでチームにジェスチャーした。

フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンの関係は十分に文書化されているが、長い時間をかけてそれは最高着くされ、現在は良好な状態にある。だが、アロンソはその敵意についてハミルトンを批判することはなく、代わりにマクラーレンに責任を向けた。

「2007年は僕にとって非常に重要なシーズンだった」とフェルナンド・アロンソは Sky Sport に語った。

「ルイスは津波のように彼の才能と能力と結果をすべて持ってF1に参加し、すぐに結果を出した。それは強烈だったし、誰にとっても挑戦的だった」

「振り返ってみると、ルイスも同じように考えると思う。僕たちの間に問題はなかった。非常に厳しい競争があったけど、フェアでした。正直なところ、僕だけでなく彼に立強いても、チームは状況に対処できていなかったと思う」

「ロン(デニス/当時のチームプリンシパル)のせいにはしたくない。特定の名前のせいにしたくないけど、チームとして、そして、経営陣として、誰も僕たちを導いてくれなかった。僕たちは若すぎ、野心的すぎた」

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンとのわずか1シーズンの後に、チームを離れて慣れ親しんだ環境にルノーの戻ることになり、激しい関係を早期に終わらせた。

そして、二人は何年にもわたってエキサイティングな戦いを続けており、前戦F1ハンガリーGPのレース後半ではスリリングな攻防をみせた。

フェルナンド・アロンソは、チームメイトのエステバン・オコンの勝利を助けるために、ラップごとに最大3秒速かったルイス・ハミルトンを10周にわたって防御するという並外れたパフォーマンスを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / ルイス・ハミルトン