フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに戻っていれば、F1復帰はもっと容易に進んでいたと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでポイント獲得さえ難しい不遇の4シーズンを過ごした後、2018年シーズンの終わりにF1を離れた。

2年間F1から離れたフェルンド・アロンソは、過去にルノーとして知られ、ともに2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したアルピーヌと契約して2021年にF1に復帰することを決断。しかし、、F1復帰してすぐには本来の実力を発揮することはできなかった。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンと再契約していれば、マシンに精通していたので、おそらく状況は違ったと感じている。

「今年序盤、F1自体だけでなく、アルピーヌも含めて、マシンのすべてに慣れるために2~3のレースが必要だった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「マクラーレンのスタイルやマクラーレンのステアリングホイールなどに戻っていれば、そういった適応を短くすることができたと思う。でも、アルピーヌではやるべきことがもう少しあった」

シーズン序盤は、チームメイトのエステバン・オコンに匹敵することができず、フェルナンド・アロンソは最盛期を過ぎたのではないかとの疑問が浮かび上がった。
だが、それ以来、フェルナンド・アロンソは状況を好転させ、エステバンン・オコンよりも優れたパフォーマンスを発揮し、ミッドフィールドで最高のパフォーマーの1人となっている。

フェルナンド・アロンソは、ミスを犯さず、自信を高めていくために慎重とF1復帰を開始したと語る。

「最初数レースでは非常に慎重だった。大きなミスを犯したくなかった」とフェルナンド・アロンソは語る。

「誰もが『様々なカテゴリーを経て、フェルナンドがどのような走りをするか見てみよう』『F1に戻るのは簡単でも、簡単にいかないだろう』『若い世代についてどう思うか』などいろいろなことを言っていた」

「とにかくミスをせずにレースをこなして、ゆっくりと自信をつけていきたかった。マシンやチーム、タイヤについての自信と知識が増えたことで、あまり考えずに運転できるようになった」

「すべてが無意識に出てくるようになって、本能を使うことができるようになっているし、それには満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マクラーレン / アルピーヌ