フェルナンド・アロンソ 「2年ぶりのF1復帰は予想以上に難しい状況」
フェルナンド・アロンソは、2年ぶりにF1復帰することに予想以上に苦戦していると認めるが、それでもF1マシンを運転する喜びを弱めることはないと語る。

今年アルピーヌF1で復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、開幕5戦で予選Q3進出は2回しか果たしておらず、決勝でもポイントフィニッシュは2回に留まっている。

先週末のF1モナコGPでフェルナンド・アロンソは13位でフィニッシュ。しかし、チームメイトのエステバン・オコンは9位でフィニッシュしており、これまでのところ、チームメイトに一貫して負けている。

しかし、比較的困難な状況にもかかわらず、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1マシンをハンドルを握る興奮とスリルに価値を見い出している。

「正直なところ、喜びと興奮の量は、おそらく予想していたよりも高いと思う」とフェルナンド・アロンソは RACER に語った。

「そこにあるすべてのラップを本当に楽しんでいる。そして、僕はその準備を楽しんでいるし、マシンのセットアップについてのミーティングも楽しんでいる。以前は週末の最悪の部分だったものを楽しんでいる」

「今は週末のイベントも本当に楽しんでいる。トラックタイムだけでなく、オフトラックも過去より少し楽しんでいる」

「自分でもそれには驚いている。戻ってきたときにどのように感じるかは計画することができないからだ」

「そして、運転と結果については・・・そらく予想したより少し難しいかもしれない」

「自動的に結果が出せることを当然だと思っていたわけではない」

「準備が必要だし、シミュレーターでの時間とバーレーンとアブダビでの2018年マシンでのテストが必要であることは分かっていた。こうなることは予想していたけど、まだマシンの可能性を最大化するのに苦労している」

興味深いことに、フェルナンド・アロンソは、チームのドライバーがエンストンチームとの最初の年に苦労するというルノーの歴史的な傾向をほのめかした。。

2019年のダニエル・リカルドもそうだったが、F1からのブレーク後にチームで初シーズンを迎えたエステバン・オコンも、長い適応期間を必要とした。

「それはルノー/アルピーヌの哲学にも関係があると思う。ここに来たドライバーのほとんどが最初の年に苦労していた」とフェルナンド・アロンソは説明した。

「その原因が何であるかについてある程度のアイデアああるけど、僕が復帰のために去年署名したときよりももっと時間が必要かもしれない」

「3~4レース以内に100%になると思っていた。でも、8~9レースはかかると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ