フェルナンド・アロンソ 「僕の未勝利のF1表彰台は葬式のようなだった」
フェルナンド・アロンソは、数年前の表彰台のいくつかは敬意を表されておらず、“葬式”のような雰囲気をもたらしていたと語る。

フェルナンド・アロンソは、これまで97回の表彰台を獲得。最後の表彰台フィニッシュはフェラーリの最終シーズンとなる2014年のF1ハンガリーGPだった。

97回の表彰台のうち、11勝を含めた44回は、ファラーリF1での5年間でもたらされた。

同じスペイン出身のカルロス・サインツは、先週の日曜日のF1モナコGPで2位でチェッカーを受け、フェラーリ移籍後の最初の表彰台を獲得した。

フェルナンド・アロンソは、カルロス・サインツの結果を“とても嬉しく思っている”と断言したが、自分自身の表彰台のいくつかは歓迎されていなかったと語る。

「5~6年前、シーズンごとに9~10回の表彰台を獲得していたことを覚えている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「その後の記者会見では葬式だった。『いつ勝つのか?』と質問されていた」

「今、僕たちが97回の表彰台を獲得してきたときを見れば、特に過去5~6年の表彰台はおそらく今のようには尊重されていなかったと思う」

フェルナンド・アロンソの最後のグランプリでの勝利は、フェラーリ時代にもたらされた。2015年から2018年までマクラーレンで過ごした4年間はトップ3に到達できなかった。

現在、F1レースで優勝した唯一のスペイン人ドライバーである39歳のフェルナンド・アロンソは、カルロス・サインツがすぐに表彰台のトップステップに到達することを望んでいると語った。

「(モナコの)国会斉唱のときにグリッドで彼と話をした。レクレールの問題にとって彼は3番グリッドからスタートすることになっていたので、その時点ですでに表彰台に立っていた」とフェルナンド・アロンソは語った。

「ボッタスの問題によってさらに良くなった。チャンピオンシップも良いスタートを切っているし、レースでの勝利が間もなく見られることを願っている」

「でも、通常のサーキットでは、メルセデスとレッドブルがまだ前にいることを僕たちは知っている。チャンスだったし、彼はそれを掴み取らなければならなかたので、良かったと思う」

今年、アルピーヌF1で2年ぶりにF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソだが、チームにはまだ表彰台を争える戦闘力はなく、第3戦F1ポルトガルGPでの8位がベストリザルトとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ