フェルナンド・アロンソ 「2022年の新F1レギュレーションに期待」
フェルナンド・アロンソは、今年F1に復帰するが、2022年にF1が大幅に改善させることを期待していると語る。

2年間サバティカルを続けてきた2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、今年アルピーヌF1へと名前を変える古巣ルノーと契約。だが、すでに気持ちは新型コロナウイルスで2022年まで延期された抜本的なF1レギュレーションの変更に向いている。

「2022年のF1レギュレーションは正しい方向への一歩になると思う」と39歳のフェルナンド・アロンソはイタリアのラジオ Rai に語った。

「オーバーテイクが多く、結果が予測しにくい、マシン同士の接近する競争になることを期待している。今は僕たち全員がグランプリが始まる前に結果がどうなるかを多かれ少なかれ知っている。それは興奮を取り去ってしまう」

「今年から予算上限が適用されるため、無制限に支出してきた大規模なチームが必ずしも有利にはならなくなる。良いアイデアだと思う。結果も良くなるか見てみよう」

2011年にレッドブルF1の支援を失ったときにモーターレースから完全に離れた同じスペイン人のハイメ・アルグエルスアリは、10年前にすでにF1から疎外されていると感じていると語った。

「それ以来、F1は大きく変化した」とハイメ・アルグエルスアリは Radio Marca に語った。

「良い意味ではないけどね。優れたドライバーがレースをするためにお金を払わなければならないことや、チームにとって非常に高いコストがかかることが僕には理解できない」

「ドライバーの親がチームを所有しているなんて考えられない。スポーツの価値観は僕が理解していたものではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー / アルピーヌ