フラビオ・ブリアトーレ、レッドブルのフェルナンド・アロンソ批判に反論
フラビオ・ブリアトーレは、フェルナンド・アロンソについて批判的な発言を行ったレッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーを非難した。

2度のF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソがいつかF1に復帰したと考えていると推測されている中、最近、クリスチャン・ホーナーは、アロンソが所属チームに“混乱”をもたらすと批判的な意見を述べていた。

「ホーナーがアロンソについて否定来な発言をしているのを聞いたが、それは注目すべき発言だと思う」と現在もフェルナンド・アロンソのマネジメントに関与しているフラビオ・ブリアトーレは Radio Sportiva にコメント。

「彼のチームがルノーエンジンを獲得したことを発表したときのことを思い出す。ホーナーのような人間がフェルナンドのような人について悪く言うのは我慢できない」

「フェルナンドは優れたドライバーであるだけでなく、真のチームプレーヤーでもある。マクラーレンとホンダは単に相性が良くなあった。まあ、それは起こる可能性のあることだ」

フラビオ・ブリアトーレが認めているのは、レッドブルとホンダのコラボレーションがこれまでのところうまくいっているということだ。

「レッドブルはその功績を称えている」とフラビオ・ブリアトーレは語る。

「彼らはまだタイトル候補ではないが、急速にそうなりつつある」

「だが、だからと言って、彼らが他のドライバーについて悪く言っていいというわけではない。正直なところ、レッドブルはドライバーの適切な扱い関して称賛には値しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / レッドブル