F1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソは、2020年にF1に復帰する可能性があると認めるが、マクラーレン・ホンダのようにゼロからスタートするプロジェクトに興味はなく、すぐにワールドチャンピオンを狙える場合のみ復帰を決断すると語る。

ル・マン24時間レースを2連覇し、WECチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソは、今季限りでトヨタを離脱。以降の活動はまだ白紙となっている。

フェルナンド・アロンソは、F1へのドアは開かれたままだとイタリア紙 Man In Town に語った。

「F1が再び魅力的なオプションになれば、間違いなく復帰するだろう」とフェルナンド・アロンソはコメント。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2020年にフェルナンド・アロンソのためのシートは空いていないとしてチームへの復帰を除外している。

フェルナンド・アロンソは、トップ3チームのうちのひとつのシートを狙っていると勧化られている。

「ニコ・ロズベルグが引退を決意した2016年にメルセデスとコンタクトを取っていた」とフェルナンド・アロンソは明かす。

「トト・ヴォルフと話をしたけど、最終的には決定には至らなかった。僕はマクラーレンにいたし、解決策を見つけるのは簡単ではなかった」

「今後、興味深い提案にはオープンだ。F1に復帰することを決心するならワールドチャンピオンを獲得できるチャンスがある場合だけだ」

新生マクラーレン・ホンダに期待を抱いて移籍したフェルナンド・アロンソだったが、3年間で一度も表彰台に上がることができなかった。その二の舞を踏みたくはないようだ。

「ゼロからスタートするプロジェクトに興味はない。すぐに勝てるクルマがほしい」

セバスチャン・ベッテルの後任としてフェラーリ加入が噂されていたフェルナンド・アロンソだが、その可能性は低いとされている。

元所属チームであるフェラーリに何かアドバイスはあるかと質問されたフェルナンド・アロンソは「忍耐だ」とコメント。

「毎週末、勝利することを期待されるのは簡単なことではない。フェラーリは世界で最も知られていて、愛されているチームだ」

「僕がいた頃は、スキルと技術的なリソースが不足していたけど、僕たちは競争力があった。今、クルマはとても競争力があるけど、過度のプレッシャーが妨げになっている。そして、メルセデスはとても強い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ