F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、自分が“世界で最高のドライバー”であることを証明するという目標に駆られており、近い将来にレースから引退する計画はないと語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでの4年間の失望のシーズンを経て、昨年末でF1キャリアにピリオドを打った。

今年、フェルナンド・アロンソはインディ500に再挑戦。世界3大レースでの“3冠”を達成した2人目のドライバーになることに焦点を合わせている。

昨年、フェルナンド・アロンソはル・マン24時間レースを制して2冠を達成。さらにデイトナ24時間デース、セブリング1000マイルでも勝利を収めている。また、FIA 世界耐久選手権(WEC)のチャンピオンシップでも首位に立っている。

キャリアのこの段階で達成したいことについて質問されたフェルナンド・アロンソは「正直、世界で最高のドライバーになることだ。それは自分だと思っている」とコメント。

「誰もが自分たちが最高だと思っているけど、証明するのは難しい。特にF1ではそのシーズンで適切なパッケージを持っていなければ、それを証明すことはできない」

「僕はF1で長年にわたって非常に競争力があったし、幸運にもチャンピオンを獲得することができた。昨シーズンでさえ、チームメイト(ストフェル・バンドーン)に対して予選で21対0だった。それは僕のキャリアでも達成したことのないことだった」

「そして、ル・マン24時間レースで勝ち、デイトナで勝ち、セブリングで勝った。インディ500でも競争力があることを願っている。アスファルトの外でも自分にやれることはあるかもしれないけど、それはスポーツでは優先されないことだ」

F1キャリアに終止符を打ってからわずか4ヵ月後、フェルナンド・アロンソは今週バーレーンで行われたインシーズンテストでマクラーレン MCL34を走らせ、また、ダカール・ラリーのマシンもテストした。

しかし、フェルナンド・アロンソは単に“楽しむ”ためだけにテストをしているわけではないと語る。
「僕はチャレンジを探している。楽しむためではない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちがテストを楽しむためにやっていえるという記事を見ることもあるけど、F1に戻り、リアルな仕事として戻るのであれば楽しい」

「でも、それらのクルマの1台を試すのは楽しいことではない。彼らはラリースタイルでどうやってそれを走らせ、フルスロットルで入り、ブレーキをかけるのかを説明する必要がある」

「ゼロから学ぶ必要があるし、バンプなどの読む必要がある。すべてのチャレンジの背景には間違いなく多くの努力が必要だし、多くの研究が必要だ」

「楽しむためにやっているのではない。困難、挑戦、ドライバーとして良くなるためにやっている」

フェルナンド・アロンソは、自分に競争力があると感じている限りはレースを続けていくと語る。

「自分にそれをするパワーがあり、続けていけるだけの競争力があると感じている限りはやめない」とフェルナド・アロンソは語る。

「いつかF1カーに乗って、同じクルマで自分よりも速いドライバーが現れる、もしくは別のカテゴリーで同じクルマで自分よりも速くドライバーが現れるかもしれない。僕の知る限り、今のところそうではない。なので、ドライビングを続けてつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ