フェルナンド・アロンソ マクラーレン ルノー
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンのシャシーの実力はルノーのF1パワーユニットを搭載する2018年に真価を問われることになると語る。

マクラーレンは、F1グリッドで最高のシャシーのひとつを持っているが、ホンダのF1パワーユニットによってその実力は覆い隠されていると多くの人は考えている。

フェルナンド・アロンソは、F1シンガポールGPの予選でQ3に進出して8番グリッドを獲得。だが、マリーナ・ベイ市街地コースは、マクラーレン・ホンダがダブル入賞を果たしたF1ハンガリーGPと同様にエンジンへの依存度が比較的低いサーキットとなっている。

「僕たちはこのサーキットが僕たちのクルマに良いパフォーマンスをもたらすことができるとわかっていた」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「いくつかのサーキットでは、僕たちはシャシーに関して上位チームのレベルにあるという印象を持っている」

「来年は良いテストになるだろう。レッドブルと同じエンジンを搭載することは、シャシーが良いかどうかという良いテストになる」

F1シンガポールGPのビッグニュースは、マクラーレンがホンダとのパートナーシップを解消して、2018年からルノーのエンジンを搭載するということだった。

ワークスルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番グリッドを獲得し、レッドブルは2番手と3番手につけた。それはマクラーレンがルノーのF1パワーユニットを搭載した場合、再び上位争いをできるポテンシャルがあることを示している。

「ここ3年間、僕たちはホンダエンジンを搭載する唯一のチームだったので、比較するのは難しかった。でも、エンジニアはシミレーションを実施しているし、僕たちには良いクルマがあると信じている」

マクラーレンにとって、ルノーとの契約を確保した今、パズルの最後のピースは、フェルナンド・アロンソとの契約になる。フェルナンド・アロンソは過去にルノーで2度のF1ワールドチャンピオンを獲得している。

フェルナンド・アロンソは、自身の将来を“今後数週間以内”に決定すると述べているが、まずはルノーのエンジンのデータを確認したと語っている。

「来年のエンジンパフォーマンスの見通しと期待についてチームと議論していく必要がある」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「その後、決定するつもりだ。でも、僕はチームにはかなり満足している」

「競争力をつけるための全ては揃っているし、いくつかポジティブなニュースもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ルノー | マクラーレン