フェルナンド・アロンソ F1 ホンダ
フェルナンド・アロンソは、MGU-Hにトラブルが発覚し、F1オーストリアGPの残りの週末を“スペック2”パワーユニットで戦うことになった。

ホンダは、今週末のF1オーストリアGPで両ドライバーに改良版の“スペック3”パワーユニットを投入。初日のフリー走行で有望なペースを見せていた。

しかし、初日の走行後にホンダは、フェルナンド・アロンソのMGU-Hにトラブルを見つけ、リスクを避けて改良版パワーユニットを走らせないという決断をした。

パワーユニットは非常に複雑な構造となっており、MGU-Hだけを交換することができず、フェルナンド・アロンソはパワーユニットの全てを“スペック2”版に戻さなければならなくなった。

エンジンは以前のレースで使用されたものであるため、フェルナンド・アロンソにグリッド降格ペナルティは科せられない。

初日には8番手タイムを記録していたフェルナンド・アロンソだったが、フリー走行3回目は15番手タイムに沈んだ。

ホンダは、スペック3の導入とマクラーレンのシャシーアップデートによって今週末は「ポイント獲得のチャンスはある」と述べており、フェルナンド・アロンソも「今後は毎戦でポイント獲得を狙っていける」と語っていただけに非常に残念な状況だ。

チームメイトのストフェル・バンドーンは“スペック3”のままで残りの週末を戦う。

関連:F1オーストリアGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルが最速タイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン / F1オーストリアGP