フェルナンド・アロンソ ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、2017年にホンダのトラブルが解決されないことが“信じられない”と語った。

F1バーレーンGP後のインシーズンテストでは、最終日にホンダのF1パワーユニットの信頼性トラブルは起きず、マクラーレンは期待をもってソチに向かった。

しかし、F1ロシアGPのフリー走行1回目にストフェル・バンドーンのパワーユニットにトラブルが発生。2つのコンポ―ネントはすでに5基目に達した。

「彼はエンジンに問題が発生して、ペナルティを受けなければならない。そんなことが4戦目で起こるなんて信じられない。僕たちには故障が多発している。プラクティスでそれが起こると、あまり自信を得ることはできない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「クルマはバーレーンと同じだ。開幕3戦で問題が発生すれば、ここでもそれは起こるだろうし、バルセロナでもモナコでも起こるだろう」

「カナダまで新しいものは入らないと思う。マクラーレンとして、僕たちはレース毎にエアロ改善をもたらしている。カナダでは少なくとも戦える何かが入ることを願っている」

グリッドペナルティによってF1ロシアGPの決勝で最後尾付近からのスタートを余儀なくされるストフェル・バンドーンは「最終的にそうなることはわかっていた」とコメント。

「僕たちのポジションを考えれば、あまり変わりはないけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ