フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、今まで彼が在籍したF1チームの中で今のマクラーレン・ホンダがベストのチームだとし、ホンダのF1エンジンの競争力が高まれば、2017年にもタイトル争いができるはずだと語る。

フェルナンド・アロンソは、2015年にフェラーリを離れてマクラーレンに復帰したが、マクラーレンとエンジンサプライヤーのホンダの苦戦によって、それ以来35ポイントの獲得にとどまっている。

フェルナンド・アロンソは、2017年もレギュレーションが変わらないままならば、マクラーレンがメルセデスに挑むのは難しいだろうと認めるが、2017年の新しい空力レギュレーションはマクラーレンが真価を発揮するチャンスを与えるとも考えている。

ホンダも同じくらい優れたパワーユニットを提供することができれば、マクラーレン・ホンダがメルセデスに対抗することは可能かと質問されたフェルナンド・アロンソは「それを知るのは難しい。来年はレギュレーションが変わるからね。今年と同じレギュレーションならたぶん無理だろう。僕たちがメルセデスやフェラーリと同じパワーを持っていたとしても、メルセデスは空力を含めた全ての面で明らかに他より先を行っている」

「だからこそ、レギュレーション変更によって僕たちにも少し望みが開ける。マクラーレンだけではなく、みんなにとってね。全てが新しくなる。段階的に進んでいこう」

「コンペティティブなエンジンがあることを願っているし、シャシー面でも新しいルールによって新鮮なアイデアや新たな哲学が生まれて、コンペティティブであることを期待したい」

「うまくいく可能性だってある。うまく理解して、良いアプローチを採用できれば、かなりコンペティティブになることも可能だ・・・逆もあり得るけどね」

「2017年のマシンの哲学が大失敗で、今年以上にだめになることだってあり得る。それはわからない。でも、そういう来年のクエスチョンマークが来年に希望をもたらす。僕たちは楽観的だ」

フェルナンド・アロンソの楽観性は、今まで在籍した中でマクラーレン・ホンダがベストチームだという信念からきているという。

「チームは強い。技術的な人たちもみんな結束していて、チーム、スタッフ、デザイングループのバランスがいい。僕が今までのキャリアでいた中で一番のチームだろう。去年から解決する問題がたくさんあったので、僕たちはまだコンペティティブではない。プロジェクトはまだ戦えるレベルにはきていない」

「まずは信頼性、パワー、ドライバビリティ、空力哲学をしっかり確立することが重要だ。全てにおいて多くの変更が必要だったし、新しい方向を見つける必要があった。でも、チームと構造、組織に関しては僕が今まで一緒に仕事をした中で一番のグループだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン