フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、カナダでのフェラーリのパフォーマンスが、残りのシーズンでタイトルに挑戦できるかどうかの指標になると考えている。

シーズン序盤のF2012の乏しいパフォーマンスに関わらず、フェルナンド・アロンソは一貫したパフォーナンスをみせ、現時点でチャンピオンシップをリードしている。


フェルナンド・アロンソは、現段階でトップにいることはかなりの業績だが、今はトップにいることは重要なときではないと認める。

「チャンピオシップをリードしているけど、まだ序盤だ。究極の目標は11月のブラジルでの最終レース後にチャンピオンシップをリードしていることなので、出発点に過ぎない」

「チャンピオンシップは長いし、開幕6戦ではリードするために十分なポイントをもたらすことができたけど、僕たちが改善しなければならないことはよくわかっている。もっと速いクルマを作り、懸命に作業する一方で、ミスをせず、一貫性を見つける必要がある。それは今年のチャンピオンシップでは簡単なことではない」

フェラーリは、F1カナダGPにむけてF2012にいくつか改善を持ち込む予定であり、フェルナンド・アロンソは、カナダでのパフォーマンスは、レースのためだけでなく、残りのシーズンでのチームのポジションを占うという意味でも需要になると考えている。

「僕たちはシーズン序盤から、それらのエリアでマシンを改善させていると思うし、カナダはその点で良いテストになると思う」とフェルナンド・アロンソは語る。

「今週末、競争力のあるフェラーリを見れることを期待しているし、それは僕たちにとって、今回のレースだけでなく、残りのシーズンにとっても重要になると思う」

開幕6戦では、異なる6名のウィナーが生まれており、F1カナダGPの結果も予測不可能な状態となっている。

だが、フェルナンド・アロンソが、フェラーリが勝てない理由はないと考えている。

「今シーズンは、開幕6戦で全員に浮き沈みがあってかなり予測不可能だったので、前もって言うのは難しい」

「しかし、フェラーリがカナダで競争力がなく、レース終盤にトップを争っていない理由は見当たらない。レースに勝つことは、表彰台でフィニッシュすることはどちらも簡単なことではないけど、ポイントを獲得して、一貫性のある優れたレベルを見つけることが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ