元トロロッソF1のハイメ・アルグエルスアリ 「激怒するヘルムート・マルコの夢で泣きながら目覚める」
元トロ・ロッソのF1ドライバーであるハイメ・アルグエルスアリは、今でも怒ったヘルムート・マルコにひどく叱りつけられる“非常に奇妙”な夢をまだ見ており、“まるで子供のよう”に涙を流して目を覚ますと語る。

ハイメ・アルグエルスアリは、2009年にセバスチャン・ブルデーに代わってトロ・ロッソのドライバーに抜擢された。アルグエルスアリは、それまで F1 マシンを運転したことがなく、19歳125日でのF1デビューは、当時のF1史上最年少のドライバーとなった。

しかし、15歳でジュニアドライバーとして契約した後、ハイメ・アルグエルスアリは、当時レッドブルのジュニアシステムでドライバーに課せられていたプレッシャーの下で、、ヘルムート・マルコとレッドブルのヒアラルキーをなだめるために、レースでどんなに良いパフォーマンスを見せても、「チームの人々よりもライバルチームを祝福」し、「十分ということは何もなかった」と語った。

現在32歳のハイメ・アルグエルスアリは、レッドブルのジュニア時間が彼に「トラウマ」を引き起こしたとし、F1を去った後に感情的な混乱を乗り越えるために、複数の人々に治療を受けたと明かした。そして、それは自分だけではないはずだと語る。

振り返ってみると、ハイメ・アルグエルスアリは、F1ハンガリーGPの週末の前に車を運転することなく、19歳でデビューを与えられたことは「暴力」だったと考えているが、それが自分がF1でドライブする唯一の機会だったかもしれないと語る。

だが、ハイメ・アルグエルスアリは、レッドブルに見放された後に精神的な傷を負ったドライバーは自分だけではないと考えている。

トロ・ロッソへの招集についてハイメ・アルグエルスアリは「いつまた起こるか分からないので、ノーとは言えない」とEl Confidencial に語った。

「レッドブルは、ある意味で両親のように感じてしまう。なぜなら彼らは自分のキャリアのためにお金を払ってレースに参加させてくれて、彼らが決定を下すからだ」

「一つだけ言ってくと、僕は今でも夢を見ている。眠っている間ずっと、非常に奇妙な夢を見ている」

「特に、そこにたどり着けない無力感とフラストレーション、マルコがいつも怒って、僕をひどく叱りつけてる夢をね。まるで子供のようにね。自分をそのように見ている」

「これがトラウマを生み出している。(セバスチャン・)ブエミや他の多くの人もトラウマを経験していると確信している。僕はそれを払拭することができていない」

「僕は治療を受けている。引退したとき、何人かの心理学者がそれに対処して新しい人生を作るのを手伝ってくれた。でも、僕はそれに対処して、以前に生きてきたすべてをきれいにしたかった」

「今でも、不思議なことが頭に浮かぶ。 素晴らしいラップをして、マルコの顔が怒っていて、泣きながら目が覚める」

「15歳のときからずっとだ。すぐに切れる変な電話…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハイメ・アルグエルスアリ / レッドブル / トロロッソ