「レッドブルF1には怒りと拒絶しかなかった」とハイメ・アルグエルスアリ
元F1ドライバーのハイメ・アルグエルスアリは、レッドブルF1のプログラムから冷酷に切り捨てられて10年が経ち、ようやくF1パドックを“笑顔”で通り抜けることができるようになったと語った。

ハイメ・アルグエルスアリは、2009年のF1ハンガリーGPでまだ10代のときにトロロッソでF1デビュー。46戦を戦った。しかし、2011年の終わりにレッドブルF1はトロロッソのドライバーとしてダニエル・リカルドとジャン・エリック・ベルニュを起用することを決定。

セバスチャン・ブエミとともにF1シートを失ったハイメ・アルグエルスアリは、レッドブルF1全体に対して「怒りと拒絶」を感じたと語る。

その後、ハイメ・アルグエルスアリは、フォーミュラEに参戦したが、モスクワのレース週末に失神した後、2015年にモータースポーツを引退した。当時、彼はレースへの愛情を失っていたことを認め、引退後はF1を見ることがほとんどできなかったと語る。

モータースポーツからの引退については質問されたハイメ・アルグエルスアリは「F1、ヘルムートマルコ、レッドブル、起こったことすべてに対して怒りと拒絶を感じた時期だった」は語った。

「コメンテーターとしてMovistarのF1で仕事をしようとしたけど、トラックに行くとすぐに病気になり、満足にそこにいることができなかった。あの瞬間は自分の場所ではあなかった。たった23歳だった。その時点で、私はずっと持っていた幸運、つまり音楽への情熱にしがみついていた」

別名「スクワイア」の名前でDJとして活動しているハイメ・アルグエルスアリの現実からの逃避は、ダンスミュージックへの愛情によってもたらされた。

しかし、今、ハイメ・アルグエルスアリは、立ち直り、モータースポーツからの離脱を受け入れ、最近カートに戻ってレースに戻っていると語る。

「僕はスクワイアだけど、再びハイメ・アルグエルスアリのように感じる」と彼は付け加えました。

「もう一度F1パドックに足を踏み入れて、クリスチャンホーナーやマルコに挨拶することができる。僕は笑うことができる」

「そして、再びレースをする機会に感謝している。カートを運転することがどれほど楽しいかは想像もつかないと思う。子供の頃から覚えている何人かの人々に会った。彼らはまだ地元で彼らの仕事に情熱を注いでる」
時が過ぎ、アイメ・アルグエルスアリは、個人的なレベルでよりリセットされたと感じ、先に進んで自分に起こったことに受け入れることができるようになったと語る。

「自分に機会があったことはとても幸運だった。僕はたくさんのレースをした、F1に到達し、いくつかのポイントを獲得した」とハイメ・アルグエルスアリは語った。

「もちろん、レッドブルやもっと競争力のあるマシンに乗るチャンスはなかったけど、いずれにしろ、それが特権だったということに気づき始めた。それに感謝しなければならない。でも、しばらく経ってはじめてそれを認識できた」

「その章を閉じるのに10年かかったし、トラックに戻るという決断をして、やっと閉じていることができた。以前はテレビでF1についての何かがやっていたらチャンネルを変えていた。新聞を読んでいるときも同じで、すぐにページをめくっていた」

「今日、僕はアルファタウリのピットに入って、フランツ・トストとハグすることができる。ポジティブに見れるようになってきた。そして、自分がどれほど幸運だったかを実感した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハイメ・アルグエルスアリ / レッドブル