アルファロメオ、アウディのザウバーF1買収の噂は「ノーアイデア」
アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インペラートは、アウディがスイスを拠点とするザウバーのF1チームを引き継ぐ準備ができているとの報道を否定することを拒否した。

現在、ジャン・フィリップ・インペラティが最高経営責任者を務める自動車メーカーのステランティスは、2025年末までザウバーと正式なネーミング契約を結んでいる。

しかし、FIA(国際自動車連盟)が最終決定し、2026年のF1エンジンレギュレーションを発表すると、フォルクスワーゲンが所有するアウディがチームを引き継ぐという噂がある。

「今は2022年です」とアルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インペラートは先週末のオーストリアグランプリにSpeedweekに語った。

「我々は不況やその他の現在の問題に取り組んでいるが、この種のスポンサーシップは3年ごとに計画している」

「現時点では2026年の見通しはないが、2023年と2024年にもザウバーと協力する予定だ。長期契約を結んでいるが、これは毎年評価される」

しかし、ジャン・フィリップ・インペラートは現在の取り決めに完全に満足していると語る。

「ザウバーとの協力について話せば、イエスだ。そして、投資収益率について話すせば、イエスだ」とジャン・フィリップ・インペラートは主張した。

「ザウバーとの協力は非常にうまくいっている。バルテリ・ボッタスと周冠宇がアルファロメオを愛していることがわかる」

「2021年と比較してチームから明確な進歩が見られており、それはポジティブなストーリーだ」

実際、アルファロメオは現在、DTM、ツーリングカー、スポーツカー、フォーミュラEなどの他のモータースポーツカテゴリーへの拡大を検討している可能性があるとの噂もある。

「いいえ、今でない」とジャン・フィリップ・インペラートは答えた。

「我々は速い世界に住んでいるが、行き詰まりたくない」

「我々はF1への取り組みに焦点を合わせている。変更を余儀なくされた場合、それは根本的なものになる。すぐに停止して、何か新しいことをスタートするだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / ザウバー / アウディ