アルファロメオF1代表 「周冠宇にはボッタスという良い先生がいる」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスが周冠宇の“良い先生”になると感じている。

アルファロメオF1は、2022年にドライバーライナップを一新する唯一のチームとなる。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに代わり、メルセデスF1からバルテリ・ボッタスが加入し、F2を卒業するルーキーの周冠宇がチームメイトを務める。


周冠宇は、2022年のF1グリッドで唯一のルーキーであり、新しいレギュレーションが施行されることも相まって、多くの人が周冠宇にとって厳しいシーズンになると予想している。

しかし、フレデリック・ヴァスールは心配していないとし、周冠宇にはバルテリ・ボッタスという良い先生がいると考えている。

「何も心配していない」とフレデリック・ヴァスールはGPFansに語った。

「周は学ぶことを望んでいる。彼は完璧な態度を示していると思う。我々の家にはバルテリという良い先生がいる」

フレデリック・ヴァスールは、周冠宇を助けることだけが、バルテリ・ボッタスがチームにもたらす利益だけではないと語る。

新しいレギュレーションが施行されると、シーズン序盤は、マシンとルール全体に関して、F1チームには膨大な量の未知数が存在することになる。したがって、ドライバーがチームに提供するフィードバックはこれまで以上に重要になる。

フレデリック・ヴァスールは、その点もバルテリ・ボッタスの起用を決めた理由だと語る。

「我々は自分たちでその選択をした」とフレデリック・ヴァスールは付け加えた。

「我々にとって重要だったのは、F1で素晴らしい経験を積んだドライバーがチームに少なくとも1人いることだ」

「まったく新しい状況に対処しているので、過去のパフォーマンスを基に構築するのは難しいと思う。すべてが異なるが、少なくとも今では、家の中に物事がうまくいっているところとそうでないところをすぐに理解できる人がいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / バルテリ・ボッタス / 周冠宇