アルファロメオF1代表 「周冠宇のパフォーマンスは過小評価されている」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、周冠宇の財政的支援が2022年の起用に影響を与えたことを認めつつも、中国出身の周冠宇の実力が過小評価されていると考えている。

今月初め、アルファロメオF1は、2022年にメルセデスF1から加入するバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、現在アルピーヌF1のジュニアドライバーである周冠宇を起用することを発表した。

現在、周冠宇は残り2ララウンドとなったFIA-F2選手権で、同じアカデミーに所属し、2022年にアルピーヌF1のリザーブドライバーに就任することが決定しているオスカー・ピアストリに次ぐランキング2位につけている。

「最初の基準はチームのパフォーマンスだ」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「パフォーマンスを発揮するには、優れたドライバー、優れた技術者、優れたエンジニア、ドライバーからの良いフィーリング、そして、優れた予算が必要だ」

「周の予算は確かに決定の柱だった。コストキャップに到達したいので、常にそれは明確だった。それが我々がパフォーマンスを発揮するための最良の方法だ。だが、それだけではない」

「周は再びF2で非常に良い仕事をしていると思う。そして、誰もが今シーズンの周のパフォーマンスと仕事のレベルを過小評価していると思う」

2022年は、周冠宇にとってのホームレースであるF1中国GPは開催されないが、最近、F1はキャンセルされた3年分のレースを補うために、F1中国GP主催者と3年間の契約を結んだ。

F1中国GPは2023年からF1カレンダーに戻る見通しだが、フレデリック・ヴァスールはそれがアルファロメオF1での周冠宇の長期的な見通しに影響を及ぼすことはないと強調した。

「最初のテストセッションをして、彼が来年何をするのか、我々がどのように前進するのかを見てみよう」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「その後、2022年の終わりに2023年に決定を下す。中国GPは、チームのパフォーマンスやドライバーのパフォーマンスとは何の関係もない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / 周冠宇