アルファロメオF1代表、ランド・ノリスの“白線またぎでも叱責”に不服 / F1ロシアGP 決勝
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、F1ロシアGPの決勝でピットエントリーの白線をまたいだランド・ノリス(マクラーレン)にペナルティが科せられるべきだったと考えている。

F1ロシアGP後、ランド・ノリスのピットエントリーでの一件は大きな議論のポイントとなった。通常、白線またぎには5秒ペナルティと1点のペナルティポイントが科されるが、ノリスは叱責だけとなったことに多くのオブザーバーが驚いた。

重要なことは、ランド・ノリスに5秒ペナルティが科されていた場合、7位ではなく、キミ・ライコネン(アルファロメオ)とセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)の後ろの9位に分類されていたことだ。

ランド・ノリスは簡単な違反のように見えたのは確かだ。残り2周でインタミディエイトに交換するためにピットレーンに向かったランド・ノリスは、ピットエントリーでコントロールを失い、マシン全体が白線を横切ってトラックに戻った。その後、なんとかピットレーンに戻ったが、ノリス自身もレース後のインタビューでペナルティとさらなる降格の可能性があることを認めていた。

キミ・ライコネンがチェッカーフラッグを受けたとき、アルファロメオF1はランド・ノリスがペナルティを受けることを確信しており、無線でライコネンには8位から7位に昇格することになると伝えられていた。

アルファロメオにとってさらに悪いことに、キミ・ライコネンは昨年のムジェロでのピットエントリー違反で5秒ペナルティを科せられ、最終結果で彼を8位から9位に降格している。

したがって、ランド・ノリスのケースが叱責を受けただけであるというニュースはアルファロメオF1陣営、特にチーム代表のフレデリック・ヴァスールを驚かせたのは当然のことだ。

最近のFIAの裁定は一貫性に欠けていると批判を受けているが、F1ロシアGPのランド・ノリスへの裁定は、アルファロメオF1とフレデリック・ヴァスールにその思いを強くさせた。

その不満の最たるものは、セーフティカーの後ろで2周を行ったのみでハーフポイントが与えられたF1ベルギーGPだ。それはコンストラクターズ選手権8位の数百万ドルの賞金をかけてアルファロメオF1と戦うウィリアムズに10ポイントをもたらした。

「ランドはソチで素晴らしい週末を過ごしたので、非常に気の毒に思っている」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「だが、彼のことを好きで、勝利に値したからといって、ルールを変更していはならない。ルールは非常に明確であり、ラインを越えた場合は罰せられる必要がある」

「シュピールベルグでの角田裕毅、昨年のムジェロのライコネンなど、今回よりも10倍は少ないケースが多くあった。そして、2019年のホッケンハイムでのルイスとまったく同じ状態だ」

2019年のF1ドイツGPでのルイス・ハミルトンのは、技術的には、白線またぎではなく、ピットエントリーボラードの反対側に行ったことによるものだったが、同じ5秒ペナルティを科された。

さらに戻ると、ピットエントリー違反に対してより厳しい罰則があった。フェリペ・マッサは、フェラーリでの最終レースとなった2013年のF1ブラジルGPで、ピットストップでエントリーラインをまたいだことでドライブスルーペナルティを受けた。別のシナリオでは、セルジオ・ペレスも2012年モナコGPでドライブスルーペナルティを受けている。その際、スチュワードは「ピットエントリーが遅く、他のドライバーを妨害した」と述べた。

興味深いことに、レースでのピットエントリー違反に対してタイムペナルティではなく、叱責が与えられた前例もある。2018年にホッケンハイムでルイス・ハミルトンが関与したものだ。その際、ハミミルトンはピットに向かい、ラインを越えてトラックに戻ることを選択した。

その後、スチュワードは「ドライバーとチームは、ミスとチーム内にステイアウトするかピットに入るかについて混乱があり、それが侵害につながったという事実を率直に認めた」と述べた。

彼らはそれが「侵害はセーフティカーの期間中に発生した」「他の競合他社に危険が及ぶことはなく、方向転換は安全な方法で実行された」と付け加えた。

F1ロシアGPで、スチュワードはランド・ノリスに叱責を与えた理由について、ノリスはゆっくりと移動しており、「塗装エリアの交差が意図的または予測可能であったとは考えていません」と説明した。

しかし、フレデリック・ヴァスールは、ランド・ノリスがソチのレーシングラインに戻ったのは、通常のタイムペナルティに値すると主張している。

「このようなコンディションではさらに悪化していた可能性がある」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「角田がシュピールベルクの白線にホイールを置いたとき、それは安全上の問題ではなかったし、タイムのゲインもなかった。ピット出口でまっすぐ行ってしまい、白線に触れた場合、速くなることはないのと同じだ。だが、彼は罰せられた」

「そして、その日、誰もこれについて不平を言わなかった。ルールが明確だったからだ。ホイールをラインに置き、罰せられた」

「先週、ランドのアドバンテージはメガだった。このコンディションでは、5秒かかるか、スリックタイヤでウェットでもう一度ラップを行うと、おそらく25秒が失われるかのどちらかだからだ」

「そして、おそらく5秒ペナルティは不十分だ。ルイスが(2019年の)ホッケンハイムでペナルティを科されたときのことを覚えている。パドックの99%が小さすぎると不平を言っていた」

「今、我々は理由ではなく、インシデントの周りの説明を見つけ始めていると言える。そして、我々は愚かに見えている。ルールは非常に明確だ。そのルールでは何がアドバンテージかについて考えることは決してなかった。それは正しい状況だろうか?」

フレデリック・ヴァスールは、ランド・ノリスの裁定は、スチュワード側の解釈が多すぎる例だと見なしている。

「我々とって問題なのは、誰かが白線にホイールを置くたびにこの種の議論への扉を開くならば、我々は正当な理由を見つけようとするだろうことだ」とフレデリック・ヴァスールは説明する。

「そして、我々はスチュワードに行き、データを示して説明する。それは終わりのない議論だ」

「ここ数週間、あまり問題が多すぎたのことを恐れている。モンツァの予選ではドライバー(ニキータ・マゼピン)が(アントニオ)ジョビナッツィをブロックし、チームが彼に知らせなかったためにペナルティを受けなかったことを覚えている。それはジョークだ」

「これまで誰もこの点を考慮していなかった。我々は3年前のモナコでもまったく同じことをしたが、ジョヴィナッツィは罰せられた。誰かのラップをめちゃくちゃにしたので文句は言わなかった」

「ミスの背後にある理由を検討し、理解しようとするのは困難だ。それは新しい議論だ」

今年の初めのF1エミリア・ロマーニャGPで、キミ・ライコネンがローリングリスタート前にスピンした後、ピットレーンに入らなかったために30秒ペナルティを受けたときもアルファロメオF1とフレデリック・ヴァスールは発煙した。

当時、スチュワードでさえ明らかに矛盾したレギュレーションがあることを認めたが、それでもペナルティは適用され、キミ・ライコネンを9位から13位に降格させた。

「彼らがイモラでキミに対して非常に厳しい決断をしたとき、彼らはそのストーリーの始まりがレースディレクターからのものであるとは考えていなかったと思う」とフレデリック・ヴァスールは説明した。

「ルールでは、ピットレーンにいるときではなく、レースディレクターが数周後にローリングスタートを合図することになっていることは明らかだ」

「過去6~7回のイベントでは論争が多すぎた。我々はルールを守らなければならないと思う。仕方ないことだ。ご覧のとおり、スパは大惨事だった」

「ソチでは、ターン2の縁石を越えたが、通常の脱出方法で戻らなかったドライバー(フェルナンドアロンソ)がいた。我々がレースディレクターに尋ねたとき、彼は『問題ない。彼らはアドバンテージを得なかった』と言った。しかし、それはルールではない」

「ルールは複雑だが、明確なルールであっても、状況を複雑にしようとしている」

フレデリック・ヴァスールは、今シーズン、彼のチームに影響を与えたさまざまな状況の後、ランド・ノリスのストーリーは最後の一撃であったことを認め、「ある段階でそれは多くなり始めている」と述べた。

「過去5~6回のイベントを見れば、論争があった。そして、それはスポーツにとっても、私のチームにとっても、株主にとっても良いことではない。しかし、まず何より我々は愚かに映っている」

フレデリック・ヴァスールは、レギュレーションは白か黒であり、解釈の余地が少なくなければならないと語る。

「ルールが設定されている限り、ルールを守だろうではないか。我々のスポーツは複雑だ。我々がイモラで事件を起こしたとき、私は10年前の競技規制を見た。ページ数は半分だった!」

「私は数人の同僚と長い話し合いをしたが、最終的には本当に不満を感じている。なぜなら、誰もがますます専門的になろうとしており、パドックのすべてのトピックの一般的なレベルが上がっているからだ。そして、この種の決定はナンセンスだ」
F1チームの代表が、サッカーの監督のように振る舞い、審判の決定を公表することはめったにないが、フレデリック・ヴァスールはそうすることに何の不安もない。

「私はおそらくスチュワードに戻らなければならないことを知っている、そして、私は自分の言葉のために罰金を科されるでだろう。1レース禁止になるかもしれない。家族と一緒に家にいることができる良い方法になればいいね! しかし、私は反応しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / マクラーレン / ランド・ノリス