アルファロメオF1代表、周冠宇の38億円の持参金の噂は「デタラメ」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、中国人ドライバーの周冠宇が3000万ユーロを支払って2022年のF1シートを獲得するという噂は“デタラメ”だと憤慨している。

すでに2022年のバルテリ・ボッタスの加入を発表しているアルファロメオF1は、セカンドシートの選択肢を検討しているが選択肢は2つに絞られていると考えられている。

アルピーヌF1のジュニアドライバーである周冠宇を乗せるか、2023年にチームのジュニアドライバーであるテオ・プルシェールを昇進させるために、アントニオ・ジョビナッツィをもう1年間継続するかの2択だと菅会得られている。

噂では、周冠宇が、チームに3000万ユーロ(約38億円)のスポンサーパッケージを持ち込むことでシート争いをリードしているとされている。

だが、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールはそれを笑い飛ばしました。

「あなた方が言っている数字は、純粋な憶測であり、デタラメだ」

それでも、フレデリック・ヴァスールは、周冠宇がリストに載っていることを認めつつ、F2の周冠宇を上回ってランキングをリードしているオスカー・ピアストリもそこに含めた。

「もう一方の端では、私はいくつかの名前について尋ねられた。彼らはF2のトップの男だ」

「ピアストリは素晴らしい仕事をしている。周は2位でチャンピオンシップのフロントランナーだ。我々はF2を検討する必要がある」

「ここ数シーズンを見てみると、F2からやってきたすべての若い子供たちは素晴らしい仕事をしている。私にとって、それはオプションであることを意味するが、それだけではない」

「現在、アントニオがいる。彼はチームを完全に知っており、良い仕事をしている。彼はザントフォールトとモンツァで2つの非常に印象的な予選を行った」

「個人的に、彼はステップアップしていると思う。それは、時間をかけて、我々が様子を見ることは、彼にとって良いことを意味する」

フレデリック・ヴァスールは、決定を下す際には、誰が最も多く支払うことができるかではなく、純粋にチームにとって何が最善であるかに基づいていると断言する。

「私にとって最も重要なことはチームのパフォーマンスだ」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「私の仕事はこれに集中することだ。確かに、ある段階で予算を検討する必要はある。それはすべてのチームに当てはまることだ。この側面や国籍またはその他の側面を考慮しないというのはデタラメなことだ」

「だが、最終的な目標は純粋なパフォーマンスだ。それは我々がさまざまな側面に焦点を合わせていることを意味している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング