アルファロメオF1代表 「ボッタスとの複数年契約は安定性をもたらす」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、バルテリ・ボッタスとの複数年契約は2022年からスタートするF1新時代に必要な安定性をチームにもたらすと語る。

9月6日(月)、アルファロメオF1は、2022年のドライバーとして現メルセデスのバルテリ・ボッタスを起用することを発表。今季限りで引退するキミ・ライコネンの契約を埋める存在として期待されている。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは「バルテリをチームに迎えることができることを光栄に思う。一緒に旅をすることを楽しみにしている」とコメント。

「我々はグリッドの先端での経験を持つ強力なチームプレーヤーをヒンウィルに連れてくる。バルテリは歴史の本を書き直したチームの不可欠な一員であり、彼の名前には4つのコンストラクターのワールドタイトルがある」

「彼はアルファロメオレーシングORLENがグリッドの最前線に向かって一歩前進するのを助ける適切なドライバーだ」

過去にARTのチーム代表を務めていたフレデリック・ヴァスールは、F3とGP3でバルテリ・ボッタスと仕事をした経験がある。

「我々の関係は、F3とGP3で成功したキャンペーンで一緒に働いたときまで遡る。彼の才能とスキルはそれ以来明らかであり、時間とともに成長してきた。彼がチームのために仕事をする能力を発揮するのを見るのを本当に楽しみにしている。」

「彼との複数年の契約は、バルテリとチームの両方に、F1にとって重要な時期にプロジェクトを構築するために必要な安定性をもたらす。我々は待ち構えている未来がに興奮している」

バルテリ・ボッタスとフレデリック・ヴァスール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / バルテリ・ボッタス