アルファロメオF1、2021年のライコネン&ジョビナッツィの残留を発表
アルファロメオF1は、2021年のF1世界選手権もキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィとの契約を延長したことを発表した。

アルファロメオにとって2020年で3つ目のホームレースとなるイモラでのF1エミリア・ロマーニャGPに先立って、チームは2021年のドライバーラインナップを発表。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのペアが3シーズン継続することを確認した。

2020年はチームにとって挑戦的なシーズンとなっており、現在、コンストラクターズ選手権でわずか5ポイントしか獲得できずに8位に沈んでいる。それでも、キミ・ライコネンは、F1史上最多出走記録を更新し、F1ポルトガルGPではオープニングラップで10台抜きを披露するなど、まだ炎が燃えていることを証明した。

「アルファロメオレーシングは僕にとってチーム以上のものであり、第二の家族のようなものだ」とキミライコネンは語った。「2001年にF1デビューを果たしたときに僕の周りにいた顔の多くはまだここにいるし、このチームのユニークな雰囲気は、来年、F1での19シーズン目を続けたいというさらなるモチベーションを与えてくる」

「チームのプロジェクト、一緒に達成できると僕たちが感じていることを信じていなければ、僕はここにいなかっただろう。言葉よりもハードワークを重視するチームであり、これは僕のスタイルにぴったりだ。来年を楽しみにしているし、チームとともにミッドフィールドの前に一歩前進することを願っている」

フェラーリのジュニアドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィの将来はそれほど確実ではなかった、アルファロメオとテクニカルパートナーであるフェラーリは、空力的な変化はあるものの、シャーシが引き継がれる来シーズンの仕事に最適な人物であると判断した。

「チームは僕に多くの信頼を置いてくれているし、僕はハードワークとコミットメントでその信頼にお返すためにベストを尽くしている」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「僕はいくつかの良い結果を達成しているし、チームを進歩させるために自分の役割を果たしたと感じている。でも、今後の道のりはまだ長く、一緒に達成したいことはまだまだたくさんある」

アルファロメオF1のチームプリンシパルを務めるフレデリック・ヴァスールは「チームがキミとアントニオと次のシーズンも協力し続けることを非常に嬉しく思う。キミは紹介する必要がないドライバーだ。2001年以来、彼の才能は誰にでも明らかであり、彼が仕事をしているのを見るたびに、彼の情熱とモチベーションを今でも目にしている」

「彼はマシンが生み出すことできるものの100%を提供できると信頼されており、彼の周りで働く人々の真のリーダーだ。アントニオは昨年のキャンペーンを強力に終了し、中断したところから再開し、2020年を通して改善を続けている」

「トラックからエンジニアリングブリーフィングまで、アントニオは我々のチームにとって重要な役割を果たし、2021年の新しい契約に完全に値した。彼の労働倫理、チームへのコミットメント、そして、人から人へと広がる熱意はアルファロメオ・レーシングにとって大きな資産だ」

アルファロメオF1の発表により、2021年の完全なドライバーラインナップをまだ正式に確認していないのは、メルセデス、レッドブル、アルファタウリ、ハースの4チームだけとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン / アントニオ・ジョビナッツィ