アルファロメオF1、キミ・ライコネンのタイヤ脱落事故で罰金処分 / F1オーストリアGP
アルファロメオF1は、F1オーストリアGPの決勝でキミ・ライコネンの右フロントホイールが脱落した件で5000ユーロ(約60万円)の罰金を科せられた。

キミ・ライコネンは、2回目のセーフティカー期間中にピットインしたが、レース再開直後にターン9で右フロントホイール緩んで脱落。メインストレートでマシンを止め、3回目のセーフティカーが入った。

その後、スチュワードは、ホイールを固定しているナットがキミライコネンのマシンに取り付けられたときにしっかりと固定されていなかったと結論付けた。

「損傷したホイールとアクスルシャフトの写真を調べたところ、ホイール交換中に右側のフロントにホイールナットに噛み合わせ不良が発生していたが、ホイールガンのオペレーターはそれを認識していなかった。その結果、レースに復帰した際に右のフロントホイールが外れてしまった」

「しかし、スチュワードは、チームもドライバーもマシンが危険な状態にあることに気付く機会がなかったため、マシンを止めなかったと判断した。これらの状況を考慮すると、5000ユーロの罰金が適切だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン / F1オーストリアGP