【F1動画】 アルファロメオ・レーシング C39 シェイクダウン
アルファロメオ・レーシングは、2020年F1マシン『C39』のシェイクダウンをイタリアのフィオラノ・サーキットで実施。キミ・ライコネンが初走行のステアリングを握った。

昨年も予告なしにバレンタイデーに新車をシェイクダウンしたアルファロメオ・レーシングは今年も2月14日に新車『C39』のシェイクダウンを実施。昨年同様カモフラ塗装が施されたマシンは、今年はsneak peek(予告作品)ならぬ、snake(蛇)柄のデザインが施された。

ザウバー時代からのマシン名を引き継いで『C39』と名付けられるアルファロメオの2020年F1マシンは、昨年マシンのコンセプトを継承。最も特徴的だったフロントタイヤの前面部分に空間を設けたフロントウイングはさらにバージョンアップされ、ノーズも細く絞り込まれた形状となっている。

アルファロメオ・レーシングは、2020年にポーランドの石油会社PKNオーレンを共同タイトルスポンサーに迎えて、『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦。シェイクダウンでは契約の一環としてリザーブドライバーに就任したロバート・クビサも訪れた。また、シェイクダウンではスウェーデンのチョコレート飲料ブランド「Huski Chocolate」とのスポンサー契約が発表された。

アルファロメオは、プレシーズンテスト初日の現地時間8時15分からカタロニア・サーキットのガレージで新車『C39』の正式にお披露目。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィ、そして、ロバート・クビサがアンベールを行う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1マシン / F1動画